• TIDAL is officially dropping MQA and Sony’s 360 Reality Audio tracks, transitioning fully to FLAC and Dolby Atmos formats by July 24, 2024. / TIDAL は MQA と Sony の 360 Reality Audio トラックを正式に廃止し、2024 年 7 月 24 日までに FLAC と Dolby Atmos 形式に完全移行

    TIDAL is officially dropping MQA and Sony’s 360 Reality Audio tracks, transitioning fully to FLAC and Dolby Atmos formats by July 24, 2024.

    TIDAL は MQA と Sony の 360 Reality Audio トラックを正式に廃止し、2024 年 7 月 24 日までに FLAC と Dolby Atmos 形式に完全移行

  • darTZeel 20&25th Special Anniversary Edition Coming Soon!!

  • Playback Designs MPD-8 AI Coming Soon!!

    Playback Designs

    MPD-8
    New Model

    MPD-8 AI

    Basically the same analog output stage and power supply as the MPD-8

    Added two analog inputs: XLR balanced and RCA

    Accepts analog sources (e.g. turntables) and can be used as preamps

    基本的にはMPD-8と同じアナログ出力段、同じ電源

    XLRバランスとRCAの2系統のアナログ入力が追加

    アナログ・ソース(例えばターンテーブル)を受け入れプリとして利用可能

    Photo: MPD-8

  • Acoustic Energy Warns of Counterfeit AE500 Black Products Being Sold / Acoustic Energy、AE500 Blackの模倣品販売に警告

    ACOUSTIC ENERGY
    for the love of music
    Acoustic Energy Loudspeaker Ltd
    Unit 3 Trull Farm Buildings
    Tetbury
    GL 8 8SQ
    United Kingdom
    Wednesday,12 June 2024


    Dear Customers,
    It has come to our attention that there are some counterfeit versions of our AE500 Black for salein mainland China and Taiwan, on online platforms such as TaoBao, Ruten, and Yahoo.
    We would remind consumers to be vigilant against these counterfeit goods. As they will not bebuilt to the same quality and crucially won’t sound as good as a genuine Acoustic Energy product.Furthermore we will not support spare parts or warranty claims on these counterfeit goods,andthere will be no help available from our network of authorised distributors and retailers.
    Please report any suspicious listings of Acoustic Energy products and help us to stamp out theseinferior quality products and protect our loyal customers.
    Best Regards,


    whul
    Mat Spandl
    Managing Director
    Acoustic Energy Loudspeakers Ltd
    Units 1-3, Trull Farm, Trull, Tetbury, Gloucestershire,UK
    TEL. +44 (0)1285 654432
    info@acoustic-energy.co.uk
    www.acoustic-energy.co.uk

    お客様各位

    中国本土および台湾の TaoBao、Ruten、Yahoo などのオンライン プラットフォームで、当社の AE500 Black の偽造品が販売されていることが判明しました。

    消費者の皆様には、これらの偽造品に十分ご注意ください。偽造品は Acoustic Energy 純正品と同じ品質で製造されておらず、何よりも音質が劣ります。さらに、当社はこれらの偽造品のスペア パーツや保証請求をサポートしません。また、当社の正規代理店および小売業者のネットワークからのサポートも受けられません。

    Acoustic Energy 製品の疑わしい出品があれば報告し、これらの低品質製品を撲滅し、忠実なお客様を保護するためにご協力ください。

    よろしくお願いいたします。

  • Audio-Technica Direct power stereo MC cartridge AT-ART1000X

    ¥770,000 (tax included)

    Released on July 12, 2024

    2024年7月12日発売

    ⾳から⽣まれる感動を、ありのままに伝えたい。

    このシンプルでひたむきな思いから始まったオーディオテクニカのモノづくり。

    この理念は、1962年、当社初の製品であるMM型ステレオ・カートリッジ AT-1 に始まり、数々の賞に輝いたカートリッジやマイクロホン、ヘッドホンに⾄る歴史の中で、連綿と受け継がれてきました。オーディオテクニカのトランスデューサーやカートリッジの技術は、その⼯学的な緻密さや⾳質だけではなく、多くの⼈に⾳を聴く楽しさを提供できる性能が、国内外で⾼い評価を受けています。そして2016年、創業以来こだわり続けるアナログリスニングのさらなる理想を追い求め、発表された「オーディオテクニカ・エクセレンス」シリーズ。8年の時を経た今、新たなステージが幕を開けます。

    発電コイルをスタイラスチップの直上に配置するという類を⾒ない構造により、異次元の⾳質表現を実現したダイレクトパワーステレオMCカートリッジ AT-ART1000 。その次モデルとなる AT-ART1000X は、フラッグシップカートリッジである AT-ART1000 の設計思想とデザインを踏襲し、より洗練されたダイレクトパワー⽅式よる三次元的な空間表現と、Hi-Fiオーディオを愛する⽅にも楽しんでいただける仕様でさらなる⾼みへ。60年以上に亘り、培ってきたアナログオーディオ技術の知識とノウハウを、最先端の素材と設計に融合させることで実現する未知なる⾳の世界。⽇本で開発、設計、製造された AT-ART1000X は、全世界のオーディオファンへ最⾼峰のリスニング環境をお届けします。

    ・発電コイルをスタイラスチップの真上に配置した独自のダイレクトパワ一方式

    アナログオーディオにおける、最⾼峰のリスニング環境をお届けするために開発したダイレクトパワー⽅式を採⽤。発電コイルをカンチレバーの根元に配置する従来⽅式と⽐べ、カンチレバーの⻑さや材質に起因する⾳質への影響を抑制できます。これまで表現が難しかった⾳の細部まで⽣々しく描写し、かつてない⾼忠実度再⽣を実現します。

    ・新開発の角型コイルにより発電効率を改善し、低域の再生能力を向上

    AT-ART1000 で採⽤した丸型コイルと⽐べ、新開発の⻑⽅形コイルでは⼀定の⾳溝への変位に対して⼤きな磁束の変化量が得られるため、出⼒電圧が向上しています。そのうえで、低域の聴感上の周波数レンジの広がりとより⾼解像度での描写が可能に。⼈の体温を感じるような⽣々しさや熱量まで表現します。

    ・空芯型コイルによる、豊かで三次元的な空間表現

    コイルのコアに⾮磁性体を⽤いた空芯型。本製品ではその構造を活かした応答性能の速さやトランジェントの良さに加え、空芯型カートリッジが得意とする歪の少ない⾃然な響きも相まって、三次元的な空間表現を可能にします。

    ・コイル線材にはPCOCCを採用

    コイル材にはφ20μmのPCOCC線を⽤い、1.1×0.6mmの⻑⽅形で8ターン巻いた空芯コイルを採⽤。コイルを極薄25μmの特殊フィルムで保持し、わずか0.5mmの強⼒な磁気回路中のギャップに配置することで、空芯型でありながら、コイルインピーダンス3.5Ωで0.22mVの出⼒電圧を獲得しています。

    ・スタイラスチップに特殊ラインコンタクト針、カンチレバーにソリッドボロンを採用

    当社カートリッジの中でもシリーズ最⾼級機にのみ使⽤する、スタイラスチップには特殊ラインコンタクト針、カンチレバーにはソリッドボロンを採⽤。レコードの⾳溝から多くの情報を拾い上げる⾼性能な仕様です。

    ・インテグレーテッド型トーンアームに取り付けやすいネジ切り仕様新たにカートリッジ側をネジ切り仕様に変更しました。アーム先端に直接カートリッジを取り付けるインテグレーテッドタイプへの取り付けが容易に。カートリッジを付属のネジのみで直接固定でき、トーンアームへの取り付けをより安全に⾏うことができます。

    ・チタニウム、アルミニウム、硬質樹脂で共振分散を図ったハイブリッドボディ

    専⽤磁気回路と振動系を⽀えるベース部には、チタニウム削り出し材を採⽤。硬質かつ⾳響的な響きの良さを持つチタニウム材は、切削加⼯に⼤変な⼿間とコストがかかるため、当社カートリッジの中でも最⾼級機のみに使われています。また、ハウジングにはアルミニウム、カバーには硬質樹脂材と、素材の異なる組み合わせにより⾳質に悪影響を与える寄⽣共振を分散しています。さらに、磁気回路の耐腐⾷性を向上させる新たなコーティングを採⽤し、より⻑期に安定した性能を維持します。

    ・職人による完全なる手仕事で仕上げる、貴重なMADE IN JAPANモデル1962年の創業から60余年の歴史を紡ぐフラッグシップモデル。伝統的なクラフトマンシップに基づき、⽇本国内でハンドメイドする希少なMADE IN JAPANです。

  • D&M releases to manufacturers that the last orders for SACD/CD mechanisms will be taken at the end of July. / D&Mは外販用SACD/CDメカニズムの最終オーダーを7月末に行うと各社に通達。

    Currently, the D&M SACD/CD mechanism is the only mechanism sold to external parties in the world and is used by many manufacturers.

    D&M has notified all manufacturers that production will end with orders received by the end of July 2024.

    This will have a major impact on the audio industry, and is likely to affect models that currently use D&M mechanisms, such as

    dCS

    CH Precision

    WADAX

    METRONOME TECHNOLOGIE

    GOLDMUND

    Soulnote

    McIntosh

    Each company would purchase a mechanism for future production and a mechanism for future maintenance in the final order.

    D&M has notified outside manufacturers, and it is not known whether D&M manufactures mechanisms for its own products.

    現在世界でほほ唯一メカとして外部販売され、多くのメーカーに採用されているD&M SACD/CDメカニズム

    D&Mから2024年7月末時点の受注をもって生産終了する旨の通達が各社に行われたとのことです。

    なお、外販しているメーカーに対して通達が行われており、D&Mの自社製品向けメカニズムについては不明です。


    オーディオ界への影響は大きく
    dCS
    CH Precision
    WADAX
    METRONOME TECHNOLOGIE
    GOLDMUND
    Soulnote
    McIntosh
    など
    現在D&Mのメカを使用しているモデルに影響すると思われます。

    各社、最終オーダーで将来の生産分と保守分を確保するのではないかと思います。

  • UBSOUND 4th series is near

    UBSOUND

    Home

  • Hegel products are now JPLAY Certified / Hegel 製品のJPLAY認証取得

    JPLAY is a brilliant HiFi streaming app for Apple devices that lets you stream Qobuz, Tidal, and locally stored music in high resolution straight to your amplifier.

    Download the app to start your free trial.

  • Greece Anquan AV Experience Centre Grand Opening

    Anquan AV 

    https://www.anquan-av.com/

  • New TIDAL Ferios power amplifiers and TIDAL Sunray loudspeakers.

  • 京都オーディオフェスティバル 写真速報 Kyoto Audio Festival

  • LMG Group 新たに設立されたMQA Labsからオーディオ処理の強化をもたらす一連の技術を発表 LMG Group Announces a series of technology enhancements to audio processing from its newly formed MQA Labs

    JUNE 5, 2024, TORONTO, ONTARIO CANADA – Lenbrook Media Group (LMG), specialists in high resolution audio, has announced a suite of products from the newly formed MQA Labs that bring audio processing enhancements across the music supply chain. AIRIA by MQA Labs™ (also known by its technical name, SCL6) delivers high resolution audio while seamlessly scaling from full lossless to very lossy rates. FOQUS by MQA Labs™ represents an innovative approach for analogue to digital conversion. QRONO by MQA Labs™ brings a variety of audio processing enhancements within playback devices. These technologies are expected to debut in a variety of licensee products before the end of calendar 2025.

    2024年6月5日、カナダ・オンタリオ州トロント – ハイレゾリューション・オーディオのスペシャリストであるレンブルック・メディア・グループ(LMG)は、新たに設立されたMQA Labsから、音楽サプライチェーン全体にオーディオ処理の強化をもたらす一連の製品を発表した。

    AIRIA by MQA Labs™(技術名SCL6)は、フルロスレスから非常にロッシーなレートまでシームレスにスケーリングしながら、ハイレゾリューション・オーディオを提供する。

    FOQUS by MQA Labs™は、アナログからデジタルへの変換における革新的なアプローチです。

    QRONO by MQA Labs™は、再生機器内で様々なオーディオ処理を強化します。 これらの技術は、2025年末までに様々なライセンシー製品に搭載される予定です。

    The digitization of an analogue signal introduces a range of imperfections to the resulting audio file. One of the most common and critical is something often referred to as time smearing – when the resolution of two sounds is reduced because their timing is incorrectly reproduced within the digital file.

    MQA Labs’ team are experts in time-domain audio improvements, having invented many of the techniques to avoid or eliminate such audio defects.”

    アナログ信号をデジタル化すると、結果として得られるオーディオ ファイルにさまざまな欠陥が生じます。最も一般的で重大な欠陥の 1 つは、タイム スミアリングと呼ばれるものです。これは、2 つのサウンドの解像度が低下する現象で、デジタル ファイル内でタイミングが不正確に再現されることによって発生します。

    MQA Labs のチームは、時間領域オーディオ改善の専門家であり、このようなオーディオ欠陥を回避または排除する多くの技術を発明してきました。

    Two of the new product families will address the issue head on: FOQUS, which tackles the analogue to digital processes, and QRONO, which will address converting digital back to analogue.

    新しい製品ファミリーのうち 2 つは、この問題に正面から取り組みます。アナログからデジタルへのプロセスに取り組む FOQUS と、デジタルからアナログへの変換に取り組む QRONO です。

    The third product family is among the most anticipated of LMG’s future products. Previously known by its technical name, SCL6, it is a new codec seamlessly ensuring the best resolution possible regardless of bandwidth availability. Now named AIRIA by MQA Labs, the codec was developed to transform audio across wireless connections. Most recently, LMG successfully completed pilots for use as a distribution codec – perfect for streaming services.  As a transmission codec, it shines as a high-resolution codec with dramatic operational savings and reliability.

    3 番目の製品ファミリーは、LMG の将来の製品の中で最も期待されているものの 1 つです。以前は技術名 SCL6 で知られていたこの新しいコーデックは、帯域幅の可用性に関係なく、可能な限り最高の解像度をシームレスに保証します。現在 MQA Labs によって AIRIA と名付けられたこのコーデックは、ワイヤレス接続を介してオーディオを変換するために開発されました。ごく最近、LMG は配信コーデックとして使用するためのパイロットを成功裏に完了しました。これは、ストリーミング サービスに最適です。送信コーデックとしては、運用コストを大幅に削減し、信頼性に優れた高解像度コーデックとして優れています。

    https://lenbrookmediagroup.com/lenbrook-media-group-unveils-plans-for-mqa-labs/

  • MQA Labs

    MQA Labs という名称のサイトが立ち上がっています。

    mqalabs.com
    https://mqalabs.com
    MQA Labs

  • MÉTRONOME TECHNOLOGIE AQWO2+

    What does “AQWO” mean?
    The name AQWO was created by Metronome from the ancient Greek verb akouo which means “hear”, “understand well”.  It was important to us to put it before this is the reason for the company and its products…

    What is the AQWO 2+?
    It is an AQWO 2 equipped with a separate ELEKTRA power supply like the t|AQWO2 and c|AQWO2!  Metronome has already met the expectations of the most demanding audiophiles with the most complete source of the market in a unique chassis with the AQWO2, but the French manufacturer is still going even further and is delivering the maximum performance of its AQWO2 with the + version!  Evidently, the impact of a good separate power supply from a source on a high-end system is clear: less noise, longer notes, more micro-details revealed… A new coup by master designers and engineers  tarnais!

    Metronome for women even more for audiophiles with AQWO2+: the analogue sound of a Metronome with your CD and SACD, a high range converter and therefore reduces network playback.  His new 7-inch 21/9 screen allows you to easily follow the lectures from a safe distance.

    Like other Metronome devices, AQWO 2 can benefit from a tube sorting option, installed on command or manually.  The conversion function allows you to manage PCM and DSD files up to 512 (x8).

    Technical specifications

    Reading mechanism: SACD D&M modified with Delrin® pressure puck

    Network :

    1 Ethernet connector

    1 USB input

    Resolution :

    32 bits / 384 kHz in dual mono, 2 internal converters

    Digital inputs:

    Asynchronous USB type B (32/384)

    S/P DIF 75 Ohms RCA connector

    AES-EBU 110 Ohms XLR

    Digital outputs:

    Proprietary I²S HDMI

    S/P DIF 75 Ohms RCA connector

    AES-EBU 110 Ohms XLR

    Toslink optics

    Analog outputs:

    Unbalanced 2.5 V RMS @0dB – 47 kOhms, RCA connectors

    Balanced 2.5 V RMS @0dB – 600 Ohms, XLR connectors

    Tube output option via additional cards

    Power supply:

    Three/Four toroidal transformers with Schaffner filters, 10 separate and independent regulation lines

    Voltage:

    120/240 VAC – 50/60 Hz

    Dimensions (WxHxD):

    Drive: 430 x 120 x 420 mm – Weight: 13.2 Kg

    Elektra: 430 x 80 x 420 mm – weight: 14 kg

    「AQWO」とはどういう意味ですか?
    AQWO という名前は、「聞く」、「よく聞く」を意味する古代ギリシャ語の動詞 akouo からメトロノームによって作成されました。 私たちにとって、会社とその製品の目的を強調することが重要であるように思えました…

    AQWO2+とは何ですか?
    t|AQWO2やc|AQWO2と同様に独立したELEKTRA電源を搭載したAQWO 2です!
    メトロノームは、AQWO2 の単一シャーシに市販されている最も完全なソースを搭載し、最も要求の厳しいオーディオファイルの要望にすでに応えていますが、フランスのメーカーはさらに前進し、+ バージョンで AQWO2 のパフォーマンスを最大限に押し上げます。
    当然のことながら、ハイエンド システムのソースから分離された優れた電源の影響はわかっています。ノイズが減り、ノートの消音時間が長くなり、微細なディテールが明らかになります…デザイナーとエンジニアのタルネによる新たなマスターストロークです。

    Métronome は、AQWO2+ を使用してオーディオファンにさらに多くのことを提供します。CD や SACD での Métronome のアナログ サウンド、ハイエンド コンバーター、そしてネットワーク再生が可能になりました。 新しい 21:9 7 インチ画面により、遠くからでも現在の測定値を簡単に追跡できます。

    他のメトロノーム デバイスと同様に、AQWO 2 は、注文に応じて、または後からインストールされるチューブ出力オプションの恩恵を受けることができます。 変換機能により、最大512(x8)までのPCMファイルとDSDファイルを管理できます。

  • MÉTRONOME TECHNOLOGIE t|AQWO2 SACD/CD transport

  • NEW Cable Brand Turnbull Audio Prestige

    LAUNCHING NOVEMBER 2024

  • Orchard Audio Starkrimson Mono Ultra Premium 500W GaN Amplifiers

    $2,499.95

    Shipping will begin in September 2024.

    The Starkrimson® Mono Ultra Premium amplifier is not just an amplifier; it’s an embodiment of sonic perfection. Upon connecting it to your audio system, you’ll immediately be captivated by the seamless fusion of cutting-edge technology and timeless design that unfolds before you.

    Starkrimson amps are pinnacle examples of state-of-the-art (SOTA) hi-fi audio power amplifiers. Their conception was driven by the vision to offer listeners an authentically lifelike musical experience that preserves every intricate detail and fosters an emotional connection to the music.

    What’s in the Box?

    • Starkrimson® Mono Ultra Premium
    • Power cord (country-specific)
    •  Instructions

    Features:

    • Fully balanced from input to output
    • Extremely low noise and distortion
    • Power output 250/500W (500W/1000Wpeak) into 8/4Ω
    • 1200W power supply with 43,600uF of additional capacitance
    • 2-ohm capable
    • Size per monoblock(W x D x H): 31cm (12.2″) x 35.3cm (13.9″) x 11.6cm (4.6″) – w/o binding posts
    • Weight per monoblock: 5.9kg (13lbs)

    Starkrimson® Mono Ultra Premium アンプは単なるアンプではなく、完璧な音響を体現したものです。オーディオ システムに接続すると、最先端のテクノロジーと時代を超越したデザインのシームレスな融合にすぐに魅了されるでしょう。

    Starkrimson アンプは、最先端の (SOTA) Hi-Fi オーディオ パワー アンプの最高峰です。その構想は、リスナーに本物のような音楽体験を提供し、あらゆる複雑なディテールを保ち、音楽との感情的なつながりを育むというビジョンによって推進されました。

  • Wilson Audio WATT / PUPPY Release.

    The WATT/Puppy

    Introducing a remastering to one of, if not the most, iconic loudspeaker designs: The WATT/Puppy. Inspired by the original WATT/Puppy’s legacy, the development of this instantly recognizable design began with a hopeful vision: to create a WATT/Puppy that would honor the original designer by utilizing current technologies and innovations refined for more than 50 years. Simply put, to build a WATT/Puppy that Dave Wilson would have built if he had the resources then that Wilson Audio now possesses.

    The WATT/Puppy Drivers:

    —CSC Tweeter:
    When Wilson Audio introduced its cutting-edge and complex carbon fiber rear-wave chamber technology in the Convergent Synergy Carbon (CSC) tweeter it allowed for smooth and linear high-frequency extension. Superior harmonic detail emerged from the soundstage and the overall result is a significant improvement in sound quality and ease of listening.

    Originally developed for the Alexx V, the CSC tweeter is also integrated into the Alexia V and Sasha V systems. This delightful coated textile dome tweeter naturally and seamlessly blends with the AlNiCo midrange and dual woofers it is paired with.

    —AlNiCo QuadraMag:
    Wilson Audio has integrated its beloved 7-inch AlNiCo (Aluminum – Nickel – Cobalt) QuadraMag midrange driver developed and used in the Chronosonic XVX, Alexx V, Alexia V, and the Sasha V. This refined technology produces a tonally rich and exquisite sound in the audio band that the human ear is most sensitive to, resulting in a truly engaging listening experience. The AlNiCo QuadraMag driver is renowned for its exceptional ability to settle and maintain linearity resulting in greater depth and dimensionality.

    The WATT baffle is composed of a unique blend of materials that create a highly stable and low-resonance coupling surface for the midrange driver; the effect enhances the sonic beauty and bloom of the QuadraMag.

    —Twin 8″ Woofers:
    When asked what drivers are included in The WATT/Puppy, the simple answer is, “The same drivers found in the Sasha V.” This includes the same nimble and articulate 8” formed homogenous cellulose composite woofers. These woofers have been designed to deliver an agile low-frequency response, ensuring an audio experience that is both impactful and precise.

    Material DNA

    The original WATT/Puppy underwent a total of eight evolutions from 1986-2011. These eight iterations utilized a variety of materials, each strategically integrated and available during their respective development periods. Each evolution of material usage pushed the boundaries of what was achievable in loudspeaker capabilities at the time.

    In the early years, Puppy enclosures employed a laminated 60-lbs version of High-Density Fiberboard (HDF), while the WATT incorporated Polymethyl Methacrylate (PMMA).

    AudioCap Copper Capacitors

    Wilson Audio’s proprietary AudioCapX-WA capacitors are uniquely wound in-house by our Reliable Capacitors (RelCap) department to meet extraordinarily tight tolerances. This process enhances low-level resolution, revealing the subtle nuances of sound reproduction with remarkable clarity and depth.

    Elevating our commitment to sonic purity, we have developed a new copper version of the AudioCapX-WA capacitor, a similar design initially unveiled with the esteemed Sasha V series. This iteration has been further refined with copper end-spray and gold leads, ensuring that high-frequency micro-details are rendered with exquisite resolution.

    Adjustable Rear Spike & Bubble Level

    Found on the rear of the WATT is an adjustable spike which allows for the most precise alignment in the time domain found in any version of the WATT/Puppy platform. Additionally, the WATT module rests on proud sitting spike track hardware, directly installed into the V-Material top plate, greatly reducing vibrations from the woofer cabinet to the WATT enclosure.

    An integrated bubble level on the top of the Puppy ensures effortless leveling during the installation process.

    WATT/Puppy

    最も象徴的なスピーカー デザインの 1 つである WATT/Puppy のリマスター版をご紹介します。オリジナルの WATT/Puppy の遺産にインスピレーションを得て、このすぐに認識できるデザインの開発は、50 年以上にわたって改良されてきた最新のテクノロジーとイノベーションを活用して、オリジナルのデザイナーに敬意を表する WATT/Puppy を作成するという希望に満ちたビジョンから始まりました。簡単に言えば、Dave Wilson が Wilson Audio が現在所有しているリソースを持っていたら作っていたであろう WATT/Puppy を作ることです。

    WATT/Puppy ドライバー:

    —CSC ツイーター:
    Wilson Audio が Convergent Synergy Carbon (CSC) ツイーターに最先端の複雑なカーボン ファイバー リア ウェーブ チャンバー技術を導入したことで、スムーズで直線的な高周波拡張が可能になりました。サウンド ステージから優れた倍音ディテールが生まれ、全体的な結果、音質と聴きやすさが大幅に向上しました。

    もともと Alexx V 用に開発された CSC ツイーターは、Alexia V および Sasha V システムにも統合されています。この魅力的なコーティングされたテキスタイル ドーム ツイーターは、ペアになっている AlNiCo ミッドレンジおよびデュアル ウーファーと自然にシームレスに融合します。

    —AlNiCo QuadraMag:
    Wilson Audio は、Chronosonic XVX、Alexx V、Alexia V、Sasha V で開発および使用されている、人気の 7 インチ AlNiCo (アルミニウム – ニッケル – コバルト) QuadraMag ミッドレンジ ドライバーを統合しました。この洗練されたテクノロジーは、人間の耳が最も敏感なオーディオ帯域で、音色が豊かで絶妙なサウンドを生み出し、真に魅力的なリスニング体験をもたらします。AlNiCo QuadraMag ドライバーは、優れた安定と直線性維持能力で知られており、深みと立体感を高めます。

    WATT バッフルは、ミッドレンジ ドライバー用の非常に安定した低共振結合面を作成する独自の素材のブレンドで構成されており、QuadraMag の音の美しさと豊かさを高めます。

    —ツイン 8 インチ ウーファー:
    WATT/Puppy にはどのようなドライバーが含まれているかと聞かれたら、答えはシンプルです。「Sasha V に搭載されているのと同じドライバーです。」 これには、同じ機敏で明瞭な 8 インチの均質セルロース複合ウーファーが含まれます。これらのウーファーは、機敏な低周波応答を実現するように設計されており、インパクトがあり正確なオーディオ体験を保証します。

    素材の DNA

    オリジナルの WATT/Puppy は、1986 年から 2011 年にかけて合計 8 回の進化を遂げました。これらの 8 回の反復では、さまざまな素材が使用され、それぞれが戦略的に統合され、それぞれの開発期間中に利用可能でした。素材の使用法が進化するたびに、当時のスピーカー機能で実現可能な限界が押し上げられました。

    初期の頃、Puppy のエンクロージャには 60 ポンドのラミネート加工された高密度ファイバーボード (HDF) が採用されていましたが、WATT にはポリメチルメタクリレート (PMMA) が組み込まれていました。

    AudioCap 銅コンデンサ

    Wilson Audio 独自の AudioCapX-WA コンデンサは、極めて厳しい許容誤差を満たすために、Reliable Capacitors (RelCap) 部門によって独自に社内で巻かれています。このプロセスにより、低レベルの解像度が向上し、サウンド再生の微妙なニュアンスが驚くほど明瞭かつ深みをもって表現されます。

    当社は、音響の純度に対する取り組みをさらに高め、AudioCapX-WA コンデンサの新しい銅バージョンを開発しました。これは、高く評価されている Sasha V シリーズで最初に発表されたのと同様のデザインです。このバージョンは、銅のエンドスプレーと金のリード線でさらに改良され、高周波の微細なディテールが絶妙な解像度で表現されることが保証されています。

    調整可能な背面スパイクと水準器

    WATT の背面には調整可能なスパイクがあり、WATT/Puppy プラットフォームのどのバージョンでも時間領域で最も正確な調整が可能です。さらに、WATT モジュールは、V-Material トップ プレートに直接取り付けられた、優れたスパイク トラック ハードウェアの上に設置されているため、ウーファー キャビネットから WATT エンクロージャへの振動が大幅に軽減されます。

    Puppy の上部に統合された水準器により、設置プロセス中に簡単に水平調整できます。

  • Ayre Acoustics devices support TIDAL Connect

    Tidal Connect will now be available on all Ayre Acoustics devices utilizing our second generation network hardware architecture!

    This is currently limited to our QX-5 Twenty Digital Hub with the NET2 input circuit installed, but will soon expand to all of our digital capable products in our 8-Series, and more!

    We hope this brings many of our Ayreheads closer to that optimal user experience, and provide better musical feng shui to simply enjoy music more!

    Thanks @tidal for partnering with us, and providing a musician first platform. We need the musicians most of all!

    Tidal Connect は、第 2 世代のネットワーク ハードウェア アーキテクチャを採用したすべての Ayre Acoustics デバイスで利用できるようになります。

    これは現在、NET2 入力回路がインストールされている QX-5 Twenty Digital Hub に限定されていますが、まもなく 8 シリーズなどのデジタル対応製品すべてに拡大されます。

    これにより、多くの Ayrehead が最適なユーザー エクスペリエンスに近づき、音楽をもっと楽しめる音楽の風水がさらに向上することを願っています。

    私たちと提携し、ミュージシャン ファーストのプラットフォームを提供してくれた @tidal に感謝します。 私たちには何よりもミュージシャンが必要です。

  • Storgaard&vestskov Fenja

    FENJA is not just a speaker 
    but a true star in sound reproduction.

    You need to hear it for yourself.

    In Nordic methodology, Fenja is said to hold immense power. The power of our Fenja lies in design, price point, quality, and sound reproduction.

    With a unique combination of advanced technology and top-end components, Fenja is designed to deliver recordings closest to what the artist intended them to be heard. Even the most demanding.

    Fenja is designed with a phase-controlled crossover with discrete time delay, ensuring precise and coherent sound reproduction. Its filter utilizes only the finest components, including the best zero-ohm coils and capacitors available.

    Fenja offers a completely linear frequency response without any peaks, recreating live concert experiences with incredible realism. For those who appreciate musical enjoyment and strive for the best audio experience, Fenja is an unavoidable investment.

    The Highest Quality

    In-house production in Denmark at our BEAUTIFUL island, Bornholm. 

    The cabinets are fabricated using a 5-layer solid tiger bamboo extreme (26mm). By mixing carbonized and natural bamboo strips, each panel is unique. 

    The front baffles are made from aircraft aluminum produced on 5-axis CNC machines and are designed with a distinct pattern to minimize reflections for optimal sound reproduction. The cabinets are fabricated using a 5-layer solid tiger bamboo extreme (26mm). By mixing carbonized and natural bamboo strips, each panel is unique. 

    The front baffles are made from aircraft aluminum produced on 5-axis CNC machines and are designed with a distinct pattern to minimize reflections for optimal sound reproduction.

    Top End Components

    Low frequencies are delivered by four specially made 7-inch woofers and a 5-inch midrange driver all by SEAS. The highest frequencies are handled by two SB tweeters. One is positioned at the front and one at the back, which can be turned on/off as desired.

    Ready to Connect

    Low frequencies are delivered by four specialmade7-inch woofers and a 5-inch midrange driver all by SEAS. The highest frequencies are handled by two SB tweeters. One is positioned at the front and one at the back, which can be turned on/off as desired.

    Specifications FENJA

    Terminology: 3-way passive loudspeaker

    Dimensions (cm): 24 W x 123 H x 57 D 

    Weight (kg): 58

    Placement from the wall (cm): 60 – 120

    Finish: metallic matte black or natural aluminum

    Recommended room size (kvm2)
    : 30 – 50 

    The recommended power amplifier: 100 – 300 watts

    Sensitivity: 90.7 dB

    Nominal average impedance: 4 ohm

    Frequency: 34 Hz – 22 kHz