カテゴリー 国内ニュース速報 [Japan]

TADから新スピーカー Evolution Two 登場!!

国内ニュース速報 [Japan] 新製品速報

スピーカーシステム
TAD-E2-WN 税込 814,000 円
11月中旬

主な特長
1) ありのままの音を鮮やかに再現する 2.5cmベリリウム振動板トゥイーター
「TAD-E1TX」や「TAD-ME1」に採用している2.5cmベリリウム振動板トゥイーターを搭載。振動板形状をコンピュータ解析して最もふさわしい形状を求める技術「HSDOM※1」により、60kHzまでの再生を可能にしています。また、指向性をコントロールする新開発のウェーブガイドにマウントすることで、広帯域にわたってスムーズで広範な音の伝搬を実現。ウェーブガイドにはアルミダイキャストを採用して高剛性化を図り、不要な共振を徹底的に排除することで、TADならではの洗練された中高域再生を実現しています。

※1 HSDOM:Harmonized Synthetic Diaphragm Optimum Method

2) 力強い低域とスムーズな指向特性を実現する新開発15.5cmウーファー
豊かでクリアな低域と共に、カラレーションのない素直な中低域の再生を実現するため、表面のアラミド織布コーンと裏面の針葉樹パルプ抄紙コーンを別々に成形し、後工程でラミネートした新開発のMACC※215.5cm振動板を採用。また、良好な指向特性を得るために浅型のカーブド形状とし、補強ブレースをコーンネック部に追加したデルタブレース構造を採用することで、スムーズな指向特性と力強い低域再生を両立しています。

※2 MACC:Multi-layered Aramid Composite Cone

3) 音像定位と音場表現を両立するネットワークフィルター
トゥイーターとウーファーのクロスオーバー周波数において、ボトムウーファーとアッパーウーファーの理想的な位相回転を可能にする2.5wayのフィルターを採用。ダブルウーファーとトゥイーターとのクロスオーバー周波数付近における位相干渉を低減しています。また、指向特性に優れたユニットとネットワークフィルターを組み合わせることで、全帯域における自然な減衰特性と指向放射パターンを実現し、コンパクトな音像定位と精緻な音場表現を高い次元で融合します。

4) 自然で豊かな低域を再生する「Bi-Directional ADP※3システム」
エンクロージャーの底部にポートを配置し、開口部を前後へレイアウト。そのポート内部をホーン形状とすることで、ポートノイズを低減した効率のよいポート駆動が可能になり、クリアでレスポンスのよい中低音を実現します。また、ポートを前後の対称レイアウトにすることで、エンクロージャーを振動させる力を打ち消し、豊かで力強い低域の再生を実現しています。

※3 ADP:Aero Dynamic Port

5) 揺るぎない設置が可能な10mm厚鋼板プレート
エンクロージャー下部に、10mm厚の鋼板から削り出したベースプレートを設置。ベースプレートとエンクロージャー本体との間に樹脂製のホーンプレートを挟み込むことで、ベースプレート自体の振動を低減。また、ベースに前2本と後ろ1本、計3本のスパイクを用いることで、床面の材質などに左右されず安定した設置が可能。本体の重心位置を3点支持の最適な位置とする設計によって、強力な駆動力を持つウーファーのリアクションをしっかり受け止めます。

6) 不要共振を低減する「SILENT※4エンクロージャー」
高剛性の樺合板ブレースと高内部損失のMDF材パネルを組み合わせることで、高い強度と低い共振を実現した「SILENTエンクロージャー」を採用。また、バッフル天面エッジ部のラウンドをとることで、トゥイーター周りの回折による影響を低減。さらに、バッフルをスラントさせることで、重心位置を最適化するとともに、それぞれのユニットまでの距離差を小さくすることで、フロア型ダブルウーファーシステムの音場表現をより正確なものにしています。

※4 SILENT:Structurally Inert Laminated Enclosure Technology

7) 落ち着いた中にも華やかさを演出する木目柄サテン調塗装仕上げ
エンクロージャーの外観に、柾目の木目を生かしたオープンポアのサテン調仕上げを採用。透明度の高い品位ある艶消し塗装を施し、下地素地の調整、塗装の吹き付け作業、下地塗装の研磨、艶消しのトップコートに至るまで、熟練の職人が丁寧に時間をかけ仕上げています。

主な仕様
型式 2.5way 位相反転式 フロア型
スピーカー構成 ウーファー 15.5 cm コーン型×2
トゥイーター 2.5 cm ドーム型
再生周波数帯域 30 Hz ~ 60 kHz
クロスオーバー周波数 90 Hz、2.8 kHz
出力音圧レベル 87 dB (2.83 V・1 m)
最大入力 150 W
定格インピーダンス 6 Ω (最小インピーダンス 4.5 Ω)
ユニット極性 低域 (+)、高域 (+)
外形寸法 (W×H×D) 320 mm × 1,085 mm × 405 mm (スパイク未装着)
質量 32 kg
付属品 ショートケーブル ×2 、滑り止めパッド × 4 、コーン型スパイク×3、
スパイク受け×3、転倒防止スパイク ×2、ウーファーグリル ×2
オーナーズマニュアル、保証書

LUMIN製品の価格を改定へ 2021年10月1日より

国内ニュース速報 [Japan]

LUMIN製品の価格を改定へ
2021年10月1日より

海外からの仕入れ価格の上昇のため

LUMIN X1
旧 S 2,200,000 B 2,420,000円
新 S 2,420,000 B 2,662,000円

LUMIN D2
旧 S 423,500 B 465,300円
新 S 467,500 B 511,500円

LUMIN U1 MINI
旧 S 308,000 B 338,800円
新 S 338,800 B 372,900円

スイスのSPブランド PIEGA製品価格改定へ 11月1日より

国内ニュース速報 [Japan]

スイスのSPブランド
PIEGA製品価格改定へ
11月1日より

PIEGA社より原材料のアルミの高騰や輸送コストの値上がりなどにより出荷価格アップによる価格改定

AIR TIGHT 10月1日より製品価格の改定を実施へ

国内ニュース速報 [Japan]

AIR TIGHT 10月1日より製品価格の改定を実施へ


MAGICO RACK ・ MAGICO AMP BASE 国内登場!!

国内ニュース速報 [Japan] 新製品速報

オーディオショップ カンタービレ さんの
エレクトリ試聴室
訪問記(写真)に

MAGICO RACK
MAGICO AMP BASE (名称は勝手につけました)

が写っており、国内輸入開始されると思われます。

こちら:https://www.facebook.com/cantabileaudio/posts/4077970812219894

Playback Designs SPA-8 ステレオパワーアンプ 国内登場!!

国内ニュース速報 [Japan]

Playback Designs SPA-8 ステレオパワーアンプ
12,000,000円

MARTENからブックシェルフスピーカー「Parker Duo Diamond Edition」国内登場!!

国内ニュース速報 [Japan] 新製品速報 未分類

MARTEN Parker Duo Diamond Edition

ダイアモンドツイーター
「Parker Duo」のために新開発したセラミックミッドレンジ
リアにはアルミ製のパッシブラジエーターを搭載
2+1スピーカー

¥2,400,000/pair
¥350,000/pair 専用スタンド

Stella lnc. ギリシャのハイエンドオーディオブランド「 Ypsilon 」の取り扱いを開始!?

国内ニュース速報 [Japan] 新製品速報

Stella lnc.が ギリシャのオーディオブランド
Ypsilonの取り扱いを開始すると思われます。

Ypsilon
https://ypsilonelectronics.com/

Ypsilonのサイトの代理店情報にはすでにStella Inc.の名前が入っております。
久々に大型注目オーディオブランドが日本に入りそうです

Wilson SASHA DAW
のプライベート試聴募集の投稿に
Ypsilon Hyperion Monoblock
が写る

Esotericから、「 Grandioso C1X 」登場!!

海外ニュース速報 [World] 国内ニュース速報 [Japan] 新製品速報

Grandioso C1X
3,500,000円(税別) 2020年8月20日

これからのESOTERICアンプの方向性を決定づける
数々の新技術を投入したプリアンプのフラッグシップ機

主な特長・仕様

妥協の無いコンストラクション
2シャーシ・デュアル・モノブロック構成
シャーシに固定しないセミフローティング構造のプリアンプモジュールで更なる音の解放感を追求。
デュアルAC入力、デュアルDC出力のDCパワーサプライ
大容量トロイダルコア× 4、Rコア× 1の5トランス構成

最新の回路技術でGrandioso C1を完全リニューアル
固定抵抗切替式でありながら、0.1dB/1,120ステップの驚異的な解像度と滑らかなカーブを誇る新開発「ウルトラ・フィデリティー・アッテネーター・システム」搭載。
ディスクリート回路と同じように自らパーツや回路を選定し、高音質を追求したESOTERIC独自の集積型アンプモジュール「Integrated Discrete-Amplifier Module IDM-01」をC1X専用に新開発。
入力セレクターには、機械接点の影響を受けず音質に優れたFET素子を採用
独自の電流伝送方式「ES-LINK Analog」に対応した入力端子3系統、出力端子2系統※を装備。
フルバランス構成で優れたS/N感
左右各4回路を使い、デュアルモノ・フルバランスに対応したESOTERIC-QVCSボリュームコントロール
ウルトラ・ローノイズ・ロジックコントロール
電流伝送強化型出力バッファー回路、ESOTERIC-HCLD(2,000V/μs)
バッファー用安定化電源(EDLCスーパーキャパシターアレイ)
※ 2020年7月現在、対応するパワーアンプは開発中です。

その他の特長
操作フィーリングに優れた高精度ボールベアリング式セレクターノブ、ボリュームノブ
入力ゲイン調整:±18dB(0.1dBステップ)、L/Rバランス調整: ±6dB(0.1dBステップ)
通常のライン入力の他、AVアンプと共存できる「AVスルー」設定が可能(全入力)
両面にボタンを配し、Grandioso C1Xのほか、ESOTERIC製スーパーオーディオCDプレーヤー、ネットワークプレーヤー、DACの基本操作も可能なアルミ製高品位リモコン付属(RC-1334)

主な仕様
入力端子: XLR/ESL-A × 3系統、RCA × 2系統(切替式)
出力端子: XLR × 2系統、 ESL-A × 2系統
最大外形寸法(W×H×D):
 本体: 445×132×449mm(突起部含む)
 電源: 445×132×452mm(突起部含む)
質量:本体: 20.2kg / 電源: 29kg

Accuphase C-3900 詳細写真

国内ニュース速報 [Japan] 新製品速報

« 古い記事