RECENT POSTS

Esoteric Grandioso T1を9月発売へ!! 注目の価格も発表に

未分類

Esoteric
Grandioso T1 7,700,000円(税込)アーム付き
Grandioso T1/AL 7,150,000円(税込)アームレス
アームベースキットAB-T1SM1 220,000円(税込)SME、Graham用
アームベースキットAB-T1KD1 220,000円(税込)Ikeda用

Grandioso T1
Grandioso T1は、ESOTERIC創立35周年を記念するブランド初のアナログ・ターンテーブルです。フラッグシップGrandiosoシリーズの名を冠する製品にふさわしく、日本国内で特許を取得した非接触ドライブ方式『ESOTERIC MagneDrive System(特許No.6501130)』をはじめとして、『マグネフロート方式プラッター』、モータードライバーの『10MHzクロックシンク』など、革新的な技術を惜しみなく投入いたしました。

Grandioso G1Xとの組み合わせ例

主な特長
特許を取得した独自の非接触ドライブ方式「ESOTERIC MagneDrive System」搭載
マグネフロート方式プラッターで軸受けの摩擦抵抗を大幅に低減
メインユニット、モーターユニット、電源部による3ピース構成
高品位VCXO搭載モータードライバーで正確な回転をサポート
高精度マスタークロック Grandioso G1Xとの10MHzクロックシンクが可能
プラッターの支点がレコード盤面に近く、回転の安定度を高めるインバーテッドベアリング
前面のマイクロメーターにより、マグネッティックドライバーの伝達トルクを変えることで、音色の微調整が可能
アルミニウムとウッドによる3層シャーシで効果的に振動をコントロール
美しいハイグロス・ピアノ仕上げのミッドシャーシ
特殊ダンパー構造のアイソレーションフット
2スピード(33/45回転)対応。0.1%単位でスピードの微調整が可能
ダイナミックバランス型トーンアーム TA-9D搭載。アームレスでのオーダーも可能
オプションのアームボード追加により、最大3本までアームを増設可能

主な仕様
外形寸法(W×H×D、突起部を含む):
(本体部)497 × 210 × 456mm
(電源部)445 × 132 × 270mm
質量:
(本体部)45kg
  メインシャーシ部 17kg
  プラッター部 19kg
  モーターユニット 9kg
(電源部) 18kg
 仕様は、発売時に変更される場合がございます。

Krell から K300p phono pre amplifier 登場!!

未分類

Krell
K300p phono pre amplifier

$6,500 US
Available in black only for the first run.
Provisions for MM and MC with switch between the two on the fly, and all adjustments including input capacitance and gain are on the rear panel.

Abendrot から 新世代マスタークロック 近日中に登場!!

未分類

Abendrot International LLC.

新世代
マスタークロック
近日中発表

darTZeel Audio SA からカートリッジ登場!!

未分類

darTZeel Audio SA
新カートリッジ

デザインはReed Muse社

Phasemation から 新プリアンプ CM-2200 登場!!

未分類

Phasemation
新プリアンプ CM-2200

CM-2000 に+6dBのゲイン調整機能搭載

YG Acoustics Peaksシリーズ 国内登場!!

国内ニュース速報 [Japan] 新製品速報

YG Acoustics
Peaksシリーズ

CAIRN 1,848,000円 専用スタンド(アルミ)324,500円
TOR 2,288,000円 専用スタンド(アルミ)324,500円
TALUS 3,245,000円
ASCENT 4,290,000円
SUMMIT 5,445,000円

YG ACOUSTICS 社の新たな設計者、マシュー・ウェブスター博士(Dr. Matthew Webster)の設計により、YG 社スピー カーが誇る正確さと音楽性を、よりお求め易い価格での提供を目指し開発された Peaks シリーズの登場です。
オプションのスタンドを使用するスタンド型 2 機種と、フロアスタンディング型 3 機種の計 5 機種のモデルから構成され る Peaks シリーズの再生能力は、それぞれが同価格帯での新たなリファレンスレベルと確信しています。
あらゆるサイズの部屋、あらゆるジャンルの音楽で優れた性能を発揮し、あらゆるスタイルのご家庭に合う高品質な仕上 げが施されています。
Peaks 開発プロセスにおいて、品質に妥協することはありません。
Peaks 全モデルに YG 独自の ForgeCore トゥイーター、BilletCore ドライバーユニットが搭載されます。
これらのユニニットは、詳細なコンピュータ・モデリングによって導かれたプロファイルに合わせて社内で精密加工され厚いアルミニウム製フロントバッフルに取り付けられます。
密閉型エンクロウジュアはインチ厚の高密度レジンファイバー製で、同社初となる木目仕上げはヨーロッパの経験豊かな
工房により木製化粧板を厳密なトレランスの湾曲カーブ成型を施しカスタムプレスにて成型/貼り込まれます。
またキャビネットの共振や反響を防ぐために、革新的なブレーシングと吸音材が採用されています。
革新的なクロスオーバートポロジーは、複雑なシミュレーションと数え切れないほどの厳しい試聴によって最適化されます。
これらの設計により効率を最適化し、アンプとの幅広い互換性を確保しています。
各エレメントには最高品質の部品が使用され、YG 自社生産されるサーキット基板に手作業で組み込まれます。
更にこのクロスオーバーネットワークは、メイン・エクロウジュア底部に配置される独立した専用エクロウジュアに収められ、発生される振動から解放されます。
Peaks の開発へは最先端の科学と工学のユニークな組み合わせにより、妥協のないアプローチが注がれています。
正確、かつ音楽的なパフォーマンスを最大限に具現化するためにドライバー、キャビネット、クロスオーバー、化粧板、
塗料、内部ケーブルに至るまで、全てが慎重に選択されモデル化されます。
Peaks のスピーカーは重厚なサウンドステージを生み出し、洞察力とディテールに優れ、しかも決して疲れることのない優れた音楽性と自然なサウンドを提供します。
広範囲にわたってホログラフィックなイメージを実現し、純度、ダイナミクス、深みと威厳のある低音を兼ね備えています。

CH Presicion C1.2 国内販売開始!!アップグレードも実施へ

未分類

CH Presicion C1.2 国内販売開始

CH Presicion C1.2 
¥5,100,000(税別) ¥5,610,000(税込)
受注開始日: 2022年 7月11日
納品開始日: 2022年 9月予定

■ C1からのアップグレード
¥580,000(税別) ¥638,000(税込)
アップグレード納品開始日: 2022年10月予定
*C1がデジタル入力HDボードを備えていることが必須
備えていない場合は別途HDへのアップグレード¥320,000(税別)¥352,000(税込)が必要

【主なアップグレード項目】
・4倍のプロセッシングパワー
・改良版PEtERアルゴリズム(スプラインフィルター)
・新型MEMSベースのマスタークロック
・ディスクリート、DSPローカルレギュレーション
・MQAフルデコード

当然ながら世界最高のDACを作ることは相当に大変な仕事ですが、モジュラーコンポーネントアーキテクチャの採用と高度なソフトウェア制御能力によって、ソリューションを提供するだけでなく、役割、機能、および汎用の可能性を築くことができます。そしてまさにこの 『C1.2』の機能は、これらの能力によって、既存の『C1』を完全な『C1.2にアップグレードすることができます。もちろん、『C1』がそうであったように『C1.2』の中心にあるのはデジタル変換です。時間と振幅の情報を完全に保存することは、デジタル形式で保存された音楽信号を再生するために極めて重要です。『C1.2』に組み込まれた進歩は『C1』で採用されたソリューションに大きく基づいており、デジタルパフォーマンスをまったく新しいレベルに引き上げています。

ノイズとジッターの両方が『C1.2』の設計の中心です。『C1.2』専用に設計されたMEMS発振器を採用したクロックは、専用のパワーサプライで駆動され、クロッキング精度を大幅に向上させています。また、演算処理能力が4倍に向上したことで、独自のCH-PEtERアルゴリズムをさらに改良し、32ビット固定小数点処理を導入、入力の互換性を高めて、オプティカルソースまたはファイル再生ソースを問わず、すべてのハイレゾリューションデジタルフォーマットを含めることができました。そして、当社独自のCH-Link HD接続により、『D1.5』トランスポートから『C1.2』へ、デジタルドメインでのネイティブDSDおよびMQAデータの転送が可能です。AES/EBUおよびS/PDIF入力は最大192kHz/24ビットの解像度でPCMを受け入れ、HDストリーミング入力は、最大768kHz / 32ビットの解像度(DSD over PCMストリームを含む)おびDSD512(8x)のPCMデータを受け入れます。DSPとFGPAのローカルレギュレーションと高度な電力制御ソフトウェアにより、システムのノイズフロアが大幅に削減されています。

DACは完全ディファレンシャルデュアルモノ構成で各チャンネル4個のコンバーターチップを使用しています。重要なアナログ出力段はディスクリート、完全ディファレンシャル回路、A級DCカップルドです。インプットモジュール方式の入力アーキテクチャとアップグレード可能なソフトウェア機能により、『C1.2』は将来を見据えた設計となっており、急速に変化するデジタルやシステムの要求に適応することができます。

『C1.2』のコアとなるデジタルデコーディングを構築してからの次のステップは、その周辺のシステムアーキテクチャを作ることでした。確立されたデジタル入力規格(AES / EBU、S / PDIF、TosLink)に加えて、イーサネットストリーミングとUSB音楽再生の両方に専用の入力ボードを作ることが必要でした。これらを最適化することで、ユーザーはシステムと再生の要件に合わせて『C1.2』を構成することができます。複数のデジタル入力とクロック同期オプションに加えて、バイパス機能を盛り込み、アナログ・デジタル領域を適所に作動させたハイブリッドボリュームコントロールを搭載しています。また、A/D変換機能を持つアナログ入力ボードを追加。これにより、『C1.2はバランスまたはシングルエンドのアナログ入力に対応し、ソースコンポーネントに関係なくシステムの中心に置くことを可能にしています。

『C1.2』はアナログ接続とデジタル接続の両方の入力ゲインから、バランス、出力レベル、位相まで、ユーザーが定義できる膨大な数のパラメーターが用意されているため、包括的で見やすいディスプレイが不可欠。最新の800×480ピクセルAMOLEDスクリーンが優れた視認性を約束いたします。『C1.2』のすべての設定は、フロントパネルのデュアルコンセントリックコントロールノブから設定可能ですが、CH-ControlAppを使えば、すべての設定をAndroidタブレットからダイレクトにリモートアクセスすることができます。

SPECIFICATION
Conversion type
Linearized R-2R, 4x PCM1704 per channel
24 bit / 705.6kHz & 768kHz

DSP processing
CH-PEtER upsampler, synchronous, DSD to PCM conversion and resolution enhancer

Full scale analog outputs level
5.1V RMS balancedr
2.55V RMS single-ended

Signal to Noise Ratio
> 120dB

Total Harmonic Distortion + Noise
< 0.001%, full scale, 22kHz BW

Weight 20kg per unit
Dimensions 440 x 440 x 133mm (W x D x H)

Picture 036


HRS Harmonic Resolution Systems からエントリークラスのラック EXR 登場!!

未分類

HRS Harmonic Resolution Systems
エントリークラス
EXR

A three shelf rack retails for $5,995.(3段)
An amp stand for $2,495

STROMTANK S2500 Quantum が S2500 Quantum MK2 としてリニューアル国内登場!!

未分類

STROMTANK
S2500 Quantum MK2
4,510,000円

DDS (Digital Distortion Suppressor) 高周波フィルターを開発。デジタル機器専用アウトレットを装備し DDS フィルターを介して内部に接続されることで高周波ノイズが ACラインから混入することを防ぐ

lumenwhite ALTAI 国内販売開始

未分類

lumenwhite
ALTAI
8月より国内販売開始
4,800,000円(税別)

*既にショップ等でデモがされていたりしますが正式発表されました。

« 古い記事