RECENT POSTS

Aurender Roon対応をついに発表!!! Aurender N20 Roon Ready

未分類

Aurender N20
Roon Ready

Estelonから世界限定20ペア X Diamond Signature Edition 登場!!

未分類

Estelon
X Diamond Signature Edition

世界限定20ペア

INTRODUCING THE ESTELON X DIAMOND SIGNATURE EDITION

Estelon proudly unveils its latest masterpiece, the X Diamond Signature Edition. Meticulously crafted and engineered, this limited-edition loudspeaker represents the pinnacle of sonic refinement and aesthetic sophistication. Building upon the renowned legacy of the X Diamond Mk II, this new model pushes the boundaries of audio engineering even further, introducing a host of enhancements and upgrades to deliver an unparalleled listening experience.

Revolutionary Connectors

The X Diamond Signature Edition sports the latest connector innovation derived from the Extreme Mk II model. Unlike conventional binding posts, the custom-built connectors feature a unique clamp-like design. Spring-loaded for optimal cable attachment, these connectors eliminate unnecessary metal-to-metal transitions, ensuring unparalleled purity and clarity from bass to highs. Crafted from precision 3D printed high-quality polyamide with no metal parts or high dielectric constant materials to compromise sound integrity, Estelon’s proprietary connectors redefine audio connectivity. Adaptable to banana, fork, or bare wire connections, they offer versatility without compromise.

Enhanced Internal Cabling

Drawing inspiration from the flagship models, the Forza and Extreme Mk II, the X Diamond Signature Edition features top-of-the-line Kubala Sosna internal cabling with the OptimiZ™ technology architecture. This innovative technology enhances transparency in midrange frequencies and highs, resulting in a larger soundstage, improved separation, and enhanced micro-detail and micro-dynamics. Prepare to be immersed in an extraordinary sonic experience that transcends conventional audio boundaries.

Advanced Filter Technology

The X Diamond Signature Edition boasts an updated filter scheme and topology, incorporating Mundorf Ultra resistors for midrange and high frequencies, and resin-baked coils for bass. These enhancements contribute to a more transparent sound, with every nuance and detail brought to life with astonishing clarity.

Next-Generation Isolation Feet and Spikes

To further enhance performance, the X Diamond Signature Edition is equipped with Stillpoints Ultra SS V2 isolation feet. These innovative components ensure consistent sound quality across different floor types while improving soundstage and bass articulation, with every note rendered with precision and realism.

Exquisite Design

Reflecting the timeless elegance of the X Diamond Mk II, the X Diamond Signature Edition features stainless steel accent details meticulously crafted by hand, adding a touch of sophistication to its design. Its striking black pearl gloss finish is a testament to unparalleled craftsmanship and attention to detail. Each speaker panel proudly bears the signature of Alfred Vassilkov, symbolising his unwavering commitment to excellence.

Technical Specifications

Type: 3-way passive speaker, bass reflex Drivers:
Woofer: 280 mm (11″) Accuton, ceramic sandwich dome
Mid-woofer: 173 mm (7″) Accuton, ceramic membrane
Tweeter: 25 mm (1″) Accuton, diamond inverted dome
Frequency response: 22 – 60,000 Hz
Power Rating: 200 Watts
Nominal Impedance: 6 Ω (min 3.2 Ω at 22 Hz) Sensitivity: 87 dB / 2.83 V.
Minimal Amplifier Power: 20 Watts
Cabinet Material: Marble-based composite

ESTELON X DIAMOND SIGNATURE EDITION のご紹介

Estelon は、最新の傑作である X Diamond Signature Edition を誇りを持って発表します。細心の注意を払って製作され、エンジニアリングされたこの限定版スピーカーは、音響の洗練と美的洗練の頂点を極めます。X Diamond Mk II の名高い伝統を基盤とするこの新しいモデルは、オーディオ エンジニアリングの限界をさらに押し広げ、多数の機能強化とアップグレードを導入して、比類のないリスニング体験を提供します。

革新的なコネクタ

X Diamond Signature Edition は、Extreme Mk II モデルから派生した最新のコネクタ イノベーションを誇っています。従来のバインディング ポストとは異なり、カスタム ビルドのコネクタは独自のクランプのようなデザインを特徴としています。ケーブルを最適に取り付けるためにスプリング ローデッドになっているこれらのコネクタは、不要な金属間の移行を排除し、低音から高音まで比類のない純度と明瞭性を保証します。 音響の完全性を損なう金属部品や高誘電率材料を使用せず、精密に 3D プリントされた高品質のポリアミドで作られた Estelon 独自のコネクタは、オーディオ接続を再定義します。バナナ、フォーク、または裸線接続に適応でき、妥協のない汎用性を提供します。

強化された内部配線

フラッグシップ モデルの Forza と Extreme Mk II からインスピレーションを得た X Diamond Signature Edition は、OptimiZ™ テクノロジー アーキテクチャを備えた最高級の Kubala Sosna 内部配線を備えています。この革新的なテクノロジーは、中音域と高音域の透明性を高め、サウンドステージの拡大、分離の改善、マイクロディテールとマイクロダイナミクスの強化をもたらします。従来のオーディオの境界を超越する並外れた音響体験に浸る準備をしてください。

高度なフィルター テクノロジー

X Diamond Signature Edition は、中音域と高音域用の Mundorf Ultra 抵抗器と低音域用の樹脂焼きコイルを組み込んだ、最新のフィルター スキームとトポロジを誇ります。 これらの機能強化により、より透明感のあるサウンドが実現し、あらゆるニュアンスやディテールが驚くほど鮮明に再現されます。

次世代のアイソレーション フィートおよびスパイク

パフォーマンスをさらに向上させるために、X Diamond Signature Edition には Stillpoints Ultra SS V2 アイソレーション フィートが装備されています。これらの革新的なコンポーネントにより、さまざまなフロア タイプで一貫した音質が確保されるとともに、サウンド ステージと低音の明瞭度が向上し、すべての音が正確かつリアルに再現されます。

絶妙なデザイン

X Diamond Mk II の時代を超えたエレガンスを反映した X Diamond Signature Edition は、手作業で丁寧に作られたステンレス スチールのアクセント ディテールが特徴で、デザインに洗練された雰囲気を加えています。印象的なブラック パールの光沢仕上げは、比類のない職人技と細部へのこだわりの証です。各スピーカー パネルには、卓越性への揺るぎない取り組みを象徴する Alfred Vassilkov のサインが誇らしげに刻まれています。

技術仕様

タイプ: 3 ウェイ パッシブ スピーカー、バスレフ ドライバー:
ウーファー: 280 mm (11 インチ) Accuton、セラミック サンドイッチ ドーム
ミッドウーファー: 173 mm (7 インチ) Accuton、セラミック メンブレン
ツイーター: 25 mm (1 インチ) Accuton、ダイヤモンド インバーテッド ドーム
周波数応答: 22 ~ 60,000 Hz
定格電力: 200 ワット
公称インピーダンス: 6 Ω (22 Hz で最小 3.2 Ω) 感度: 87 dB / 2.83 V。
最小アンプ電力: 20 ワット
キャビネット材質: 大理石ベースの複合材

TIDAL AUDIO から Sunray Third generation 登場!!

未分類

TIDAL AUDIO

Sunray G3

LUXMANから新フォノイコライザーアンプ登場!!?

未分類

LUXMAN
新フォノイコライザーアンプ

AXPONAにて発表?

Magico S5 2024 正式発表!!

未分類

Magico
S5 2024

・S5 の内部容積は以前のバージョンと比較して 31% 増加
・ベース キャビネットが大きくなったことで、S5 の低周波応答は 5Hz 低い 20Hz まで達し、感度 (88dB) は同じまま
・グラフェン強化カーボン ファイバー スキンで挟まれたアルミニウム ハニカム コアNano-Tec v.8 コーン
・3年間をかけて開発した新世代のドライバーシャーシ
・S5 ミッドレンジドライバーは直径 6 インチ、ボイス コイルは 3 インチ、Magico Nano-Tec v.8 コーンを採用し、第 3 世代のシャーシ、2 つの超大型ネオジム磁石、フル銅キャップ、純チタン ボイス コイル
・S5 のバスドライバーは10 インチのウーファー ペア。各ドライバーは、5 インチのチタン ボイス コイルと、第 3 世代のシャーシに組み込まれた Nano-Tec v.8 コーン、巨大な銅キャップ。
・S5 の 28mm ツイーターは、ダイヤモンドコーティングされたベリリウム振動板、ネオジムベースのモーター システム
・S5 の 3 ウェイ楕円対称クロスオーバー (ESXO) は、Linkwitz-Riley フィルターを使用し24dB スロープで実現
・ドイツの Mundorf 社の最新コンポーネントをすべて使用しており、同社の MResist Ultra Resistors 、新しくMundorf MCoil Foil コイルも追加
・2024 年に注文された S5 には、Magico の 20 周年を記念した特別なアクセサリボックスが付属

S5 Specifications
Configuration: 3-way, 4-driver design
Tweeter: 1.1″ (28mm) MB5FP pure-beryllium, diamond-coated diaphragm
Midrange: 6″ MA6004RTC Mk2 midrange driver
Woofer:10″ MAG10508 RTC bass driver (2)
Sensitivity: 88dB
Impedance: 4 ohms
Frequency Response: 20Hz-50kHz
Recommended power: 50W-1000W
Dimensions: 47.72″H (121.2cm)x19.28″D(49cm)x19.1′(48.5cm) (measurements with19.1″W(outriggers)
Weight: 262 pounds (118.8kg)

Soulutionから第2世代3シリーズ登場!!

未分類

Soulution
第2世代3シリーズ登場!!! 

3 シリーズ製品ラインナップ (第 2 世代):
– 312 ステレオ アンプ
– 326 プリアンプ (オプションのフォノおよび DAC 入力)
– 331 インテグレーテッド アンプ (オプションのフォノおよび DAC 入力)
– 350 フォノステージ (MC)
– 360 DAC

新しい 312 ステレオ アンプと 331 インテグレーテッド アンプはどちらも、アンプ セクションに新しいスイッチング モード電源を使用しています。この電源は、311 および 330 の電源と同様に 1,200W の連続電力を出力できますが、現在では約 5 秒間で最大 4,200W のピーク電力を出力できます。瞬間電力が大幅に増加したため、新しい 3 シリーズ アンプは、はるかに大きなアンプのように聞こえます。低音域ではコントロール性、使いやすさ、解像度が向上し、高音域と中音域はより洗練されています。

新しい 3 シリーズ製品のすべての小信号回路は、少なくとも 2MHz の周波数帯域幅で動作するように最適化されており、オーディオの位相シフトが大幅に削減され、サウンド ステージの鮮明度がさらに向上し、フォーカスがさらに高まります。音楽の細部を忠実に再現し、3 次元の空間サウンドを作り出して、リアルで感動的なリスニングの喜びをお届けします。

B&Wから700 S3シリーズのSignatureモデル登場

未分類

B&W
700 S3 Signature

702 S3 Signature
8.500euro

705 S3 Signature
4.000euro

HTM 71 S3 Signature
2.500euro

今回、700 シリーズ シグネチャー エディションには、最新の 800 シリーズ シグネチャー モデルから再最適化されたツイーター保護グリルが特別に追加されています。 そして、長年にわたるすべての Signature スピーカーと同様に、700 S3 Signature 全体は、クロスオーバーへの慎重なアップグレードの恩恵を受けており、新たにアップグレードされたコンデンサー、改良されたインダクター、各コンポーネントの出力をさらに高めるように設計されたバイパス コンデンサーが改訂されました。 また、新たにグレードアップした高音質ブラスコアスピーカーターミナルを採用し、スピーカーへのクリアな信号伝達を実現しました。

Roon Nucleus One 登場!! $499  のプラスチック筐体モデル

未分類

roon
Nucleus One
$499.00

プラスチック筐体の低価格モデル

Roon体験のレベルアップ

Nucleus OneでRoonの最高の機能を体験してください。 Roonのクリエーターによって作られたNucleus Oneは、Roonシステムに比類ない信頼性を提供するために綿密に設計された、お手頃価格のミュージックサーバーです。

Roonを体験する最高の方法
Roonチームによって設計されたミュージックサーバー、Nucleus OneでRoonの可能性を最大限に引き出しましょう。 プラグアンドプレイのシンプルさ、エネルギー効率、揺るぎない信頼性のすべてを、見た目にも美しいモダンなデザインでお楽しみください。 Roon専用のハブとして、驚くほどお求めやすい価格でご提供します。

革新的なデザイン
Nucleus Oneは、軽量な筐体に静音ファンを搭載し、効率的な冷却を実現しました。 革新的なシャーシデザインは、全体的な外観を向上させるだけでなく、エアフローを改善し、システムの冷却効率と信頼性に貢献します。

拡張可能なストレージ
Nucleus Oneで内蔵音楽ストレージを簡単に追加できます。 サーバーには簡単にアクセスできる2.5インチドライブトレイが搭載されており、簡単な手順で最大8TBの内蔵SATAストレージを追加することができます。 オーディオマニアのコレクターに最適で、音楽ライブラリ全体を一箇所にきちんと整理しておくことができるため、NASの必要性をなくし、システムを合理化することができます。

MagicoからS5 2024登場!!!

未分類

Magico
S5 2024

2024年4月2日発表

Vivid Audioから 新フラグシップスピーカー MOYA M1 登場!!!

未分類

Vivid Audio
新フラグシップスピーカー
MOYA M1

予価:450,000euro

MOYA M1

The Moya M1 was born of circumstance. Quarantined in a hotel room for 10 days by the global pandemic, Laurence Dickie began to sketch out an idea for a speaker that could do it all.

Physically, that concept would evolve many times through the R&D phase but the vision remained unchanged: the non plus ultra of loudspeakers, able to handle anything with aplomb. A loudspeaker so imbued with power and authority, particularly from the lower frequencies, that it could deliver any and all types of music with effortless grace.

As the Vivid Audio team went into test phase, the design of the Moya began to take shape. An imposing stack of bass drivers became the dominant feature of the curvaceous design. Early results reaffirmed the observation that an extended low frequency range actually helps with the overall perspective of the entire frequency range.

Of course, a loudspeaker is much more than just the bass, but the low frequency section does play an outsized role. Most importantly, it sets the system efficiency and, since it is relatively straightforward to create high efficiency mid-band drivers, these have to be attenuated back to the level set by the bass.

PUSHING THE ENVELOPE

“In most loudspeakers, the bass section determines performance, as far as the laws of physics will allow.

A cone moving this far at this frequency will supply so many dBs and no more. The length of the linear electromagnetic ‘push’ is set by the length of the voice coil and magnetic gap. Not far behind is the suspension design which eventually pulls tight and stops further movement.

Therefore, to increase the volume of air being moved, you must increase the cone area. Every doubling in cone area creates three more dBs, or, for the same level, a halving of the cone excursion.
The more cone area you can have, the smaller the cone displacement and the easier the loudspeaker has it – hence ‘effortless’.

With its 45mm magnetic gap, the C225 driver is no slouch but reducing the excursion by a factor of eight through the use of eight drivers means that they’re just ticking over while you enjoy a massive auditory slam.”

POWER IS NOTHING WITHOUT CONTROL

Opening the throttle of a powerful car as you go into a racetrack curve; hitting the high notes in a trumpet solo; the muscular thrust skyward of a world-class ballerina. All need raw power, but every application of power requires finesse too. Sometimes, measuring the smallest things entails the largest machines.

Without control and refinement, power is just an unruly force. Any large loudspeaker can play loud, but that’s only part of its purpose. The listener must also be able to pick out the subtlest detail from the hullabaloo of an orchestral crescendo or hear an exclamation of appreciation in the midst of an explosive drum solo.

Moya M1 delivers this precision to the Nth degree, while also being able to reproduce rock concert levels of sound in your living room. From an organ symphony on a huge Cavaillé-Coll instrument to low-end bass from a 90s house anthem, the Moya M1 delivers audio thrills at every octave.

WHEN EIGHT IS MORE THAN ENOUGH

A casual glance at the Moya M1 and one thing registers immediately: the eight imposing bass drivers. But why eight drivers? It all comes down to efficiency and power handling.

Compared to the two C225s of our Giya G1 Spirit model, Moya features four times the driver complement, which equates to an extra 6db of efficiency. In Moya we chose to use some of that gain to push the low frequency extension below 20Hz.

When the voice coil runs out of magnetic road it manifests in obvious distortion. But something less obvious is also happening. The power going into the coil also heats it up, causing resistance to rise and efficiency to drop – as much as 6dB if the coil gets up to 230°C. Now a subtle degradation of the loud passages creeps in. And a tired speaker creates a dull listening experience.

Keeping a check on power compression calls for a large area of voice coil, hence a large diameter coil. Eight drivers, each with a 100mm voice coil, is the same as having 400mm voice coils on a pair of drivers. Even the most powerful 21 inch drivers have no more than a 150mm voice coil, let alone 400mm.

MASTERING THE SEQUENCE

The next question was which driver to put next in the sequence. The C125-75 midrange, used in our G1S speaker, is a great driver but would be excursion limited down to 400Hz to keep up with the immense output of the lower frequency.

Alternatively, taking the eight bass drivers up to 400Hz would be pushing the limits of what was reasonable for such a large array. Clearly, another frequency band was needed to bridge the gap, necessitating a complex five-way crossover and the addition of a pair of C175 bass/mid drivers.

Using computer-aided network analysis and optimisation, in conjunction with ideally-behaved drivers, a seamless five-way dividing network was perfectly achievable.

Now the delicate balance of highs, lows and mids was perfectly harmonised – for an optimal experience that will reveal new details from your record collection at every listening session.

TWEETERS
MINING MATERIAL GAINS

Exotic tweeter dome materials appeared in the audio world as far back as the 1990s. Noting the trend, Vivid Audio weighed the choices and made a pivotal decision.

Blending the rigidity of carbon fibre with an aluminium dome crafted into a catenary shape, we achieved a measured response that rivalled the performance of rare and costly beryllium, while delivering subjective results that surpassed even diamond tweeters.

One key advantage of our reinforced aluminium dome over diamond lies in its lower mass. Creating a reliable diamond shell requires a 100-micron-thick layer deposit. When combined with diamond’s increased density over aluminium, it results in a moving mass three times greater than that of aluminium.

This leads to a significant reduction in efficiency – approximately 10dB lower! The subjective improvement derived from requiring only one-tenth of the power for the same sound pressure level should not be underestimated.

It is fundamental to the effortless sound reproduction for which Vivid Audio loudspeakers are now renowned.

A LAYER OF BLACK MAGIC

While the outstanding performance of our D26 tweeter is undisputed, we never cease trying to elevate tweeter performance to new levels. This requires constant evaluation of new materials and coatings.

The breakthrough came with a material called Diamond-like Coating, or DLC. With a modulus nearly equal to crystalline diamond, it is apply to the surface of aluminium domes at a temperature well below melting point.

Increased stiffness is always the primary goal but enhanced damping of break-up modes is an added bonus. The contrasting properties between the DLC and the aluminium substrate heightened shear losses and significantly dampened the ‘Q’ of the break-up.

Both the D50 upper mid-frequency driver and D26 high-frequency driver benefit from the DLC, but the enhancements to the new series of drivers extends further.

While the magnets used in our standard drivers have an energy content of 35MGOe, material with an energy of 52MGOe is now possible. Efficiency gains at this extreme end of the driver spectrum are hard-earned and the 2dB increase in output is important.

Aesthetically, the DLC adds a shiny black to an already eye-catching tweeter – and more than a little black magic to the sound.

MID RANGE
A COMMANDING PERFORMANCE

Occupying the all-important mid-range spotlight is our venerable C100SCu mid-driver. This unit is a reliable soldier for the critical space on the audio spectrum where the demands of soprano vocals and violin strings must be met.

In honour of its new position in the centre of the Moya M1 baffle, its already stellar performance is now further enhanced with high-energy magnet material and a high-purity copper shield over the central pole.

This stabilises the magnetic flux in the face of the influence of the musical signal, yielding extended highs and dramatically reduced distortion.

Adding three carbon fibre rings to the cone assembly produces a notable increase in the break-up frequencies, placing an even safer margin between them and the uppermost extent of the working band – the top C6 of the soprano’s vocal range.

AN AGILE PARTNER

The C175 now finds itself in a new role covering the low mid-band between 125Hz and 550Hz. While not being called upon to reproduce the lowest bass, this agile driver is ideally suited to delivering those chest-rattling drum notes with impact and urgency.

Formerly underpinning the bottom octaves of our Giya G2 loudspeaker, the C175 has long-term power handling in abundance, essential in a band where so much of the fundamental energy of strings and vocals is centred.

Two exponentially-tapered partitions extending the full height of the enclosure ensure the complete annihilation of parasitic eigen-resonances, resulting in fantastically accurate transients in the band that is responsible for so much of the system’s impact.

BASS DRIVERS
ROCKING THE FOUNDATIONS

The Moya M1 bass array is one feature you can’t miss. Eight legendary C225-100H drivers, each one capable of handling 800W, arranged in a new high-shove configuration. An awesome display of power!

The C225 uses a radially polarised magnet structure, in this case twelve 45mm-long segments of high energy rare-earth magnet in an 11kg lump of high-purity steel. Wound on a virtually indestructible glass-reinforced former, capable of handling over 300°C, the edge-wound copper-ribbon voice coil can take extreme power in its stride.

Each pair of drivers is arranged in a horizontally-opposed configuration on either side of the bass module, with magnets united by a substantial steel tie-bar to completely eliminate reaction forces and the need for a heavy enclosure.

A foam-cored composite sandwich is used throughout the cabinet, which features extensive composite bracing to ensure a resolutely stiff enclosure with all structural modes safely out of band.

Ultimate low-end is provided by a pair of reaction-cancelling ports, which, by virtue of the exceptionally low crossover frequency of the bass section, can be generously proportioned, thereby minimising any turbulent effects which might limit low-end linearity.

As with the entire Vivid Audio range, the Moya M1 uses exponential absorbers. In the bass systems this is achieved by terminating the tapered chamber with an arrangement of nested concentric shells, accurately defining the exponential taper and safely dissipating any unwanted resonances.

The Moya M1 bass array is one feature you can’t miss. Eight legendary C225-100H drivers, each one capable of handling 800W, arranged in a new high-shove configuration. An awesome display of power!

The C225 uses a radially polarised magnet structure, in this case twelve 45mm-long segments of high energy rare-earth magnet in an 11kg lump of high-purity steel. Wound on a virtually indestructible glass-reinforced former, capable of handling over 300°C, the edge-wound copper-ribbon voice coil can take extreme power in its stride.

Each pair of drivers is arranged in a horizontally-opposed configuration on either side of the bass module, with magnets united by a substantial steel tie-bar to completely eliminate reaction forces and the need for a heavy enclosure.

A foam-cored composite sandwich is used throughout the cabinet, which features extensive composite bracing to ensure a resolutely stiff enclosure with all structural modes safely out of band.

Ultimate low-end is provided by a pair of reaction-cancelling ports, which, by virtue of the exceptionally low crossover frequency of the bass section, can be generously proportioned, thereby minimising any turbulent effects which might limit low-end linearity.

As with the entire Vivid Audio range, the Moya M1 uses exponential absorbers. In the bass systems this is achieved by terminating the tapered chamber with an arrangement of nested concentric shells, accurately defining the exponential taper and safely dissipating any unwanted resonances.

モヤM1
MOYA M1は偶然から生まれました。ローレンス・ディッキーは、世界的な大流行により10日間ホテルの一室に隔離された後、すべてを可能にするスピーカーのアイデアをスケッチし始めました。

そのコンセプトは、研究開発段階を経て物理的には何度も進化しましたが、ビジョンは変わりませんでした。ラウドスピーカーは、特に低音域のパワーと威厳に満ちており、あらゆるタイプの音楽を難なく優雅に届けることができます。

ビビッド・オーディオのチームがテスト段階に入ると、Moyaの設計が具体化し始めました。堂々としたバス・ドライバーのスタックが、曲線的なデザインの支配的な特徴となった。初期の結果では、低周波数帯域の拡張が周波数帯域全体の見通しを良くするという観察が再確認されました。

もちろん、ラウドスピーカーは低音だけではありません。最も重要なのは、システム効率を設定することであり、高能率の中帯域ドライバーを作るのは比較的簡単なので、低域によって設定されたレベルまで減衰させなければなりません。

限界への挑戦
「ほとんどのラウドスピーカーでは、物理法則が許す限り、低音部が性能を決定します。

この周波数でこれだけ動くコーンは、これだけのdBを供給し、それ以上は供給しません。直線的な電磁気の “プッシュ “の長さは、ボイスコイルと磁気回路の長さによって決まります。

この周波数でこれだけ動くコーンは、これだけのdBを供給し、それ以上は供給しません。直線的な電磁「プッシュ」の長さは、ボイスコイルと磁気ギャップの長さによって決まります。それに遠く及ばないのは、最終的にきつく引っ張られ、それ以上の動きを止めるサスペンションの設計です。

したがって、移動する空気の量を増やすには、コーン面積を増やさなければなりません。コーン面積が2倍になるごとに3dB増加し、同じレベルではコーン・エクスカージョンが半分になります。
コーン面積が大きいほど、コーンの変位は小さくなり、ラウドスピーカーは楽になります。

45mmの磁気ギャップを持つC225ドライバーも負けてはいませんが、8つのドライバーを使用することで8分の1にエクスカーションを低減することは、大音量のスラムを楽しんでいる間、ドライバーはただ時を刻んでいるだけということを意味します。

コントロールなくしてパワーなし
レース場のカーブに進入するときにパワフルな車のスロットルを開けること、トランペットのソロで高音を奏でること、世界的なバレリーナが空に向かって力強く突き進むこと。すべてに生のパワーが必要だが、パワーの応用には技巧も必要だ。時には、最も小さなものを測定するためには、最も大きな機械が必要になる。

コントロールと洗練がなければ、パワーは手に負えない力でしかない。どんな大型スピーカーでも大音量で鳴らすことはできますが、それは目的の一部に過ぎません。リスナーは、オーケストラのクレッシェンドの喧騒の中から最も繊細なディテールを聞き出したり、爆発的なドラムソロの中で感嘆の声を聞いたりできなければなりません。

Moya M1は、この精度を極限まで高めると同時に、ロックコンサートレベルのサウンドをリビングルームで再現します。巨大なカヴァイエ・コールのオルガン・シンフォニーから90年代のハウス・アンセムの低音まで、Moya M1はすべてのオクターブでスリリングなサウンドをお届けします。

8オクターブで十分な場合
Moya M1を何気なく見ると、8つの堂々としたベース・ドライバーが搭載されていることがすぐにわかります。しかし、なぜ8つのドライバーなのでしょうか?その理由は、効率とパワーハンドリングにあります。

私たちのGiya G1 Spiritモデルの2基のC225と比較すると、Moyaは4倍のドライバーを搭載しており、これは6dbの効率アップに相当します。Moyaでは、その利得の一部を20Hz以下の低周波数域の拡張に使うことにしました。

ボイスコイルが磁路を使い果たすと、明らかな歪みとして現れます。しかし、あまり目立たないことも起きています。コイルに供給される電力によってコイルも加熱され、抵抗値が上昇し、効率が低下します。コイルが230℃になると、6dBも低下するのです。大音量の音域に微妙な劣化が忍び寄ります。そして、疲れたスピーカーは、退屈なリスニング体験を生み出します。

パワー・コンプレッションを抑えるには、ボイスコイルの面積を大きくする必要があり、そのためコイル径が大きくなります。各ドライバーが100mmのボイスコイルを持つ8つのドライバーは、1組のドライバーに400mmのボイスコイルを持つのと同じです。最もパワフルな21インチ・ドライバーでさえ、400mmはおろか、150mm以上のボイスコイルはありません。

シーケンスをマスターする
次の問題は、どのドライバーを次のシークエンスに入れるかでした。私たちのG1Sスピーカーに使われているC125-75ミッドレンジは素晴らしいドライバーですが、低域の膨大な出力に追いつくためには400Hzまでのエクスカージョンに制限を受けることになります。

あるいは、8つのバス・ドライバーを400Hzまで上げることは、このような大型アレイにとって合理的な限界に挑戦することになります。そのギャップを埋めるために、複雑な5ウェイ・クロスオーバーとC175バス/ミッドドライバーのペアを追加する必要がありました。

コンピューター支援によるネットワーク解析と最適化、そして理想的な動作をするドライバーを併用することで、シームレスな5ウェイ分割ネットワークが完璧に実現しました。

これにより、高域、低域、中域の微妙なバランスが完璧に調和され、リスニング・セッションのたびにレコード・コレクションから新たなディテールが浮かび上がるような最適な体験が得られます。

ツィッター
採掘材料の利益
エキゾチック・トゥイーター・ドーム素材がオーディオ界に登場したのは1990年代まで遡ります。このトレンドに注目したVivid Audioは、選択肢を検討し、極めて重要な決断を下しました。

カーボンファイバーの剛性とカテナリー形状に加工されたアルミニウム・ドームを融合させることで、希少で高価なベリリウムの性能に匹敵する測定レスポンスを実現し、ダイヤモンド・トゥイーターをも凌ぐ主観的な結果をもたらしました。

ダイヤモンドに対する強化アルミニウム・ドームの重要な利点のひとつは、その低質量にあります。信頼性の高いダイヤモンド・シェルを作るには、厚さ100ミクロンの層を堆積させる必要があります。ダイヤモンドの密度がアルミニウムよりも高いことと合わせると、移動質量はアルミニウムの3倍になります。

これは、効率の大幅な低下(約10dBの低下)につながります!同じ音圧レベルであれば10分の1のパワーで済むという主観的な改善は、過小評価されるべきではありません。

これは、ビビッドオーディオのラウドスピーカーが現在高く評価されている、楽なサウンド再生の基本です。

ブラックマジックのレイヤー
D26トゥイーターの卓越した性能は疑う余地のないものですが、私たちはトゥイーターの性能を新たなレベルに引き上げる努力を怠りません。そのためには、新しい素材やコーティングを常に評価する必要があります。

その突破口となったのが、ダイヤモンド・ライク・コーティング(DLC)と呼ばれる素材です。結晶性ダイヤモンドとほぼ同等の弾性率を持つこの素材は、アルミニウム・ドームの表面に高温で塗布されます。

剛性の向上は常に第一の目標ですが、ブレークアップモードの減衰強化はボーナスです。DLCとアルミニウム基板の間の対照的な特性は、せん断損失を高め、ブレークアップの「Q」を大幅に減衰させました。

D50アッパー・ミッド・フリケンシー・ドライバーとD26ハイ・フリケンシー・ドライバーの両方がDLCの恩恵を受けていますが、新シリーズのドライバーの強化はさらに広がっています。

当社の標準ドライバーに使用されているマグネットのエネルギー含有量は35MGOeですが、現在では52MGOeのエネルギーを持つ素材が可能になっています。ドライバーのスペクトルのこの極端な端での効率向上は、苦労して獲得したものであり、出力の2dB向上は重要です。

審美的にも、DLCはすでに人目を引くトゥイーターに光沢のある黒を加え、サウンドに少なからぬ黒魔術を加えています。

ミドル・レンジ
圧倒的なパフォーマンス
重要なミッドレンジのスポットライトを浴びているのは、由緒あるC100SCuミッドドライバーです。このユニットは、ソプラノ・ボーカルやバイオリン弦楽器の要求を満たさなければならない、オーディオ・スペクトル上の重要なスペースのための信頼できる兵士です。

Moya M1バッフルの中央に位置するこの新しいポジションに敬意を表し、高エネルギーのマグネット素材とセンターポールを覆う高純度銅シールドにより、すでに素晴らしい性能を発揮していたこのユニットの性能がさらに強化されました。

これにより、音楽信号の影響を受けても磁束が安定し、伸びのある高音と劇的に減少した歪みが得られます。

コーン・アセンブリに3つのカーボン・ファイバー・リングを追加することで、ブレークアップ周波数が顕著に増加し、作業帯域の最も高い範囲(ソプラノの声域のトップC6)との間にさらに安全なマージンを置くことができます。

機敏なパートナー
C175は、125Hzから550Hzの中低域をカバーする新たな役割を担っています。この俊敏なドライバーは、最低低音を再生することは求められませんが、胸が高鳴るようなドラムの音をインパクトと緊迫感を持って再生するのに理想的です。

以前はGiya G2ラウドスピーカーのボトム・オクターブを支えていたC175は、ストリングスやボーカルの基本的なエネルギーが集中するバンドでは不可欠な、長時間のパワーハンドリングを豊富に備えています。

エンクロージャーの高さいっぱいに伸びる2つの指数関数的なテーパーを持つパーティションは、寄生固有共振を完全に消滅させ、その結果、システムのインパクトの多くを占める帯域において、素晴らしい正確なトランジェントを実現します。

VIvid Audio C100SCuおよびC175ドライバー
ベース・ドライバー
土台を揺るがす
Moya M1ベース・アレイは見逃せない特徴のひとつです。8基の伝説的なC225-100Hドライバーは、それぞれ800Wの出力に対応し、新しいハイ・シャブ・コンフィギュレーションで配置されています。驚異的なパワーを誇示します!

C225は、放射状に偏極したマグネット構造を採用しており、この場合、11kgの高純度スチールの塊の中に、長さ45mmの高エネルギー希土類マグネットが12分割されています。300℃を超える温度にも耐えられる、事実上破壊不能なガラス強化フォーマーに巻かれたエッジワウンド銅リボンボイスコイルは、極限のパワーを一身に受け止めます。

各ペアのドライバーはベース・モジュールの左右に水平対向配置され、マグネットは実質的なスチール製タイバーで一体化され、反力を完全に排除し、重いエンクロージャーを必要としません。

キャビネット全体には、発泡スチロールで覆われたコンポジット・サンドイッチが使用されており、すべての構造モードが帯域外に安全に配置された、強固な剛性を持つエンクロージャーを実現するために、広範なコンポジット・ブレーシングが採用されています。

究極の低域は、1対のリアクション・キャンセリング・ポートによって提供されます。このポートは、バス・セクションのクロスオーバー周波数が非常に低いため、余裕のあるプロポーションをとることができ、低域のリニアリティを制限する乱流の影響を最小限に抑えることができます。

ビビッド・オーディオの全シリーズと同様、Moya M1は指数関数的アブソーバーを採用しています。低音システムでは、同心円状に入れ子状に配置されたシェルでテーパー・チャンバーを終端することにより、エクスポネンシャル・テーパーを正確に定義し、不要な共振を安全に消散させます。

Moya M1ベース・アレイは見逃せない特徴のひとつです。伝説的な8基のC225-100Hドライバーは、それぞれ800Wの出力に対応し、新しいハイ・シャブ・コンフィギュレーションで配置されています。驚異的なパワーを誇示します!

C225は、放射状に偏極したマグネット構造を採用しており、この場合、11kgの高純度スチールの塊の中に、長さ45mmの高エネルギー希土類マグネットが12個入っています。300℃を超える温度にも耐える、事実上破壊不能なガラス強化フォーマーに巻かれたエッジワウンド銅リボン・ボイスコイルは、極限のパワーを受け止めます。

各ペアのドライバーはベース・モジュールの左右に水平対向配置され、マグネットは実質的なスチール製タイバーで一体化され、反力を完全に排除し、重いエンクロージャーを必要としません。

キャビネット全体には、発泡スチロールで覆われたコンポジット・サンドイッチが使用されており、すべての構造モードが帯域外に安全に配置された、強固な剛性を持つエンクロージャーを実現するために、広範なコンポジット・ブレーシングが採用されています。

究極の低域は、1対のリアクション・キャンセリング・ポートによって提供されます。このポートは、バス・セクションのクロスオーバー周波数が非常に低いため、余裕のあるプロポーションをとることができ、低域のリニアリティを制限する乱流の影響を最小限に抑えることができます。

ビビッド・オーディオの全シリーズと同様、Moya M1は指数関数的アブソーバーを採用しています。低音システムでは、同心円状に入れ子状に配置されたシェルでテーパー・チャンバーを終端することにより、エクスポネンシャル・テーパーを正確に定義し、不要な共振を安全に消散させます。

« 古い記事