カテゴリー 新製品速報

Cabasseから The Pearl Pelegrina: A Flagship(Network speaker series) A Quad-Coaxial Loudspeaker 登場!!

海外ニュース速報 [World] 新製品速報

Cabasse
The Pearl Pelegrina
A Flagship(Network speaker series)
25,000 euros per pair

・A Quad-Coaxial Loudspeaker
・70th anniversary

70周年記念ネットワークスピーカーシリーズのフラグシップモデル

TADから新スピーカー Evolution Two 登場!!

国内ニュース速報 [Japan] 新製品速報

スピーカーシステム
TAD-E2-WN 税込 814,000 円
11月中旬

主な特長
1) ありのままの音を鮮やかに再現する 2.5cmベリリウム振動板トゥイーター
「TAD-E1TX」や「TAD-ME1」に採用している2.5cmベリリウム振動板トゥイーターを搭載。振動板形状をコンピュータ解析して最もふさわしい形状を求める技術「HSDOM※1」により、60kHzまでの再生を可能にしています。また、指向性をコントロールする新開発のウェーブガイドにマウントすることで、広帯域にわたってスムーズで広範な音の伝搬を実現。ウェーブガイドにはアルミダイキャストを採用して高剛性化を図り、不要な共振を徹底的に排除することで、TADならではの洗練された中高域再生を実現しています。

※1 HSDOM:Harmonized Synthetic Diaphragm Optimum Method

2) 力強い低域とスムーズな指向特性を実現する新開発15.5cmウーファー
豊かでクリアな低域と共に、カラレーションのない素直な中低域の再生を実現するため、表面のアラミド織布コーンと裏面の針葉樹パルプ抄紙コーンを別々に成形し、後工程でラミネートした新開発のMACC※215.5cm振動板を採用。また、良好な指向特性を得るために浅型のカーブド形状とし、補強ブレースをコーンネック部に追加したデルタブレース構造を採用することで、スムーズな指向特性と力強い低域再生を両立しています。

※2 MACC:Multi-layered Aramid Composite Cone

3) 音像定位と音場表現を両立するネットワークフィルター
トゥイーターとウーファーのクロスオーバー周波数において、ボトムウーファーとアッパーウーファーの理想的な位相回転を可能にする2.5wayのフィルターを採用。ダブルウーファーとトゥイーターとのクロスオーバー周波数付近における位相干渉を低減しています。また、指向特性に優れたユニットとネットワークフィルターを組み合わせることで、全帯域における自然な減衰特性と指向放射パターンを実現し、コンパクトな音像定位と精緻な音場表現を高い次元で融合します。

4) 自然で豊かな低域を再生する「Bi-Directional ADP※3システム」
エンクロージャーの底部にポートを配置し、開口部を前後へレイアウト。そのポート内部をホーン形状とすることで、ポートノイズを低減した効率のよいポート駆動が可能になり、クリアでレスポンスのよい中低音を実現します。また、ポートを前後の対称レイアウトにすることで、エンクロージャーを振動させる力を打ち消し、豊かで力強い低域の再生を実現しています。

※3 ADP:Aero Dynamic Port

5) 揺るぎない設置が可能な10mm厚鋼板プレート
エンクロージャー下部に、10mm厚の鋼板から削り出したベースプレートを設置。ベースプレートとエンクロージャー本体との間に樹脂製のホーンプレートを挟み込むことで、ベースプレート自体の振動を低減。また、ベースに前2本と後ろ1本、計3本のスパイクを用いることで、床面の材質などに左右されず安定した設置が可能。本体の重心位置を3点支持の最適な位置とする設計によって、強力な駆動力を持つウーファーのリアクションをしっかり受け止めます。

6) 不要共振を低減する「SILENT※4エンクロージャー」
高剛性の樺合板ブレースと高内部損失のMDF材パネルを組み合わせることで、高い強度と低い共振を実現した「SILENTエンクロージャー」を採用。また、バッフル天面エッジ部のラウンドをとることで、トゥイーター周りの回折による影響を低減。さらに、バッフルをスラントさせることで、重心位置を最適化するとともに、それぞれのユニットまでの距離差を小さくすることで、フロア型ダブルウーファーシステムの音場表現をより正確なものにしています。

※4 SILENT:Structurally Inert Laminated Enclosure Technology

7) 落ち着いた中にも華やかさを演出する木目柄サテン調塗装仕上げ
エンクロージャーの外観に、柾目の木目を生かしたオープンポアのサテン調仕上げを採用。透明度の高い品位ある艶消し塗装を施し、下地素地の調整、塗装の吹き付け作業、下地塗装の研磨、艶消しのトップコートに至るまで、熟練の職人が丁寧に時間をかけ仕上げています。

主な仕様
型式 2.5way 位相反転式 フロア型
スピーカー構成 ウーファー 15.5 cm コーン型×2
トゥイーター 2.5 cm ドーム型
再生周波数帯域 30 Hz ~ 60 kHz
クロスオーバー周波数 90 Hz、2.8 kHz
出力音圧レベル 87 dB (2.83 V・1 m)
最大入力 150 W
定格インピーダンス 6 Ω (最小インピーダンス 4.5 Ω)
ユニット極性 低域 (+)、高域 (+)
外形寸法 (W×H×D) 320 mm × 1,085 mm × 405 mm (スパイク未装着)
質量 32 kg
付属品 ショートケーブル ×2 、滑り止めパッド × 4 、コーン型スパイク×3、
スパイク受け×3、転倒防止スパイク ×2、ウーファーグリル ×2
オーナーズマニュアル、保証書

LUMIN製品の価格を改定へ 2021年10月1日より

国内ニュース速報 [Japan]

LUMIN製品の価格を改定へ
2021年10月1日より

海外からの仕入れ価格の上昇のため

LUMIN X1
旧 S 2,200,000 B 2,420,000円
新 S 2,420,000 B 2,662,000円

LUMIN D2
旧 S 423,500 B 465,300円
新 S 467,500 B 511,500円

LUMIN U1 MINI
旧 S 308,000 B 338,800円
新 S 338,800 B 372,900円

スイスのSPブランド PIEGA製品価格改定へ 11月1日より

国内ニュース速報 [Japan]

スイスのSPブランド
PIEGA製品価格改定へ
11月1日より

PIEGA社より原材料のアルミの高騰や輸送コストの値上がりなどにより出荷価格アップによる価格改定

AIR TIGHT 10月1日より製品価格の改定を実施へ

国内ニュース速報 [Japan]

AIR TIGHT 10月1日より製品価格の改定を実施へ


THORENS から TD1500 Turntable ・ TP150 Tonearm 登場か!?

海外ニュース速報 [World] 新製品速報

THORENS から 何らかの新製品登場予定!!
Something new is coming

TD1500 Turntable
TP150 Tonearm
か!?

ELACから Uni-Fi Reference シリーズ登場!!

海外ニュース速報 [World] 新製品速報

Dan D’Agostinoから新Progressionシリーズ Progression M550 Mono Amplifier S350 Stereo Amplifier 登場!!

海外ニュース速報 [World] 新製品速報

Dan D’Agostino Master Audio Systems Introduces Second Generation Progression Amplifiers

  • Improved sound, higher power, and greater thermal efficiency highlight the new models –

Dan D’Agostino Master Audio Systems today announced the second generation of Progression Series Amplifiers. First shipped in 2016, the new Progression models take advantage of technology advancements and circuit concepts utilized in the flagship Relentless Mono Amplifier.
There is no mistaking the D’Agostino family styling of the new Progression M550 Mono Amplifier and the Progression S350 Stereo Amplifier. Immediately grabbing one’s attention is the new heat sink design. Drawn directly from the Relentless Mono Amplifier, this highly efficient elliptical form dramatically improves the cooling ability of the design and assures that the Progression Amplifiers run safely and reliably even when delivering its full rated power. Sporting the flair of the original Progression Series, the new Progression M550 Mono Amplifier features upgrades to the input stage, output stage, and heat sink design. The greater cooling ability of the heat sink structure permits greater output power. The Progression M550 Mono Amplifier delivers 550 watts into 8 ohms, doubling to 1,100 watts into 4 ohms and doubling again to 2,200 watts into 2 ohms. Similarly, the Progression S350 Stereo Amplifier outputs 350 watts per channel into 8 Ohms and then doubles to 700 and 1,400 into 4 and 2 Ohms, respectively. Both amplifiers employ 48 output transistors powered by a nearly 2,000 VA power supply transformer and 100,000 microfarads of power supply storage capacitance.

A new power device provides the foundation for an upgraded output stage. This new transistor, first used in the Relentless Mono Amplifier, extends high frequency response, increases power handling by a factor of four and features tighter tolerance gain matching between complementary NPN/PNP pairs. A wider safe operating area and superior gain linearity provides greater thermal stability throughout the amplifiers’ power delivery. Coupling the new output device to the high efficiency heat sink design affords an increase in operating bias. The higher bias specification has increased the Class A operating range of the amplifiers to 70 watts for the Progression M550 and 45 watts for the Progression S350. The result is improved instrument timbre and tonal reproduction for a great percentage of listening.

“I am thrilled with the outcome of the new Progression M550 and S350 Amplifiers. Our senior engineer, Burhan Coskun, led this development and he exceeded the sonic and power performance enhancements I specified.” Said Dan D’Agostino, Co-Founder and Chief Engineer.

The Progression M550 and S350 include major revisions to the input topology. The new Progression amplifier’s distortion, signal/noise ratio, channel separation, and bandwidth measurements have all improved. New transistors handle six times the power of the previous components and a new DC coupling circuity has improved low frequency performance and extended the bandwidth of the amplifiers. Coupling this advanced front end to the enhanced output stage has improved the dynamic impact, detail retrieval, and spatial integrity of the amplifier’s playback.

Maintained from the original amplifier is the Super Rail topology. Simple in description but complex in execution, the Super Rail, counterintuitively, uses additional higher voltage power supplies in the input stage as compared to the main output stage. This higher voltage front end provides exceptional headroom for the output circuitry. Nearly ideal output stage operation results.

The iconic look of the D’Agostino power meters, inspired by the elegant faces of classic Swiss watches, continues with the Progression series. The Progression amplifiers include a 180-degree needle swing meter design driven by a high-speed ballistic circuit that enhances the meter’s responsiveness. The longer swing allows the needle to cover the amplifier’s entire output range.

The Progression amplifiers are available immediately and are available in silver, black, or custom painted finishes. The Progression M550 Mono Amplifier is $44,950/pr and the Progression S350 Stereo Amplifier is $25,950.

Andrea Pivetta OiO liquid Amplifier ついに実物が登場!!

海外ニュース速報 [World]

Andrea Pivetta
OiO liquid Amplifier

NORDOSTからVALHALLA 2 LANケーブル登場予定

海外ニュース速報 [World] 新製品速報

NORDOST VALHALLA 2 LAN CABLE

« 古い記事