カテゴリー 新製品速報

Hegel リファレンスアンプ P30A H30A 正式発表!!

海外ニュース速報 [World] 新製品速報

Hegel 
P30A
H30A
2022年秋発売

H30A
モノラルパワーアンプ(8Ω 1100W)として設計(ステレオモードでの使用も可能)
1Ω負荷でも安定動作
1000VAのトロイダルトランスを2基搭載
総容量270,000μFのコンデンサーバンク

P30A フルバランスプリアンプ
超低ノイズボリュームアッテネーター


Dan D’Agostino フラグシップパワーアンプRelentlessシリーズをリニューアル。Relentless Epic and Relentless Epic 800 Mono Amplifiers

海外ニュース速報 [World] 新製品速報

Dan D’Agostino
Relentless Epic Monoblock amplifier
$349,500 USD per pair
upgrades to the original will be $49,500/pr

Relentless Epic 800 Monoblock amplifier
$194,500/pr.

Dan D’Agostino Master Audio Systems announces two additions to the Relentless Series

An Epic upgrade to the flagship Relentless Mono Amplifier and the new Relentless Epic 800 Watt mono amplifier to be unveiled at High End Munich 2022, May 19-22, 2022 – The MOC, Room A 3.1, D111

MUNICH, GERMANY, MAY 19, 2022 — Dan D’Agostino Master Audio Systems introduced the Relentless Epic and Epic 800 Mono Amplifier at the High End Munich Show. Four years after setting the measure for amplifier excellence, the Relentless Mono Amplifier has undergone an upgrade – the Epic. Combining new circuit sections and components, the Relentless Epic Amplifier resets the standard in power amplifier performance. In an active system, the Relentless Epic 800 makes its world premiere paired with the Relentless Preamplifier. Coupling the new Epic circuit topologies to an 800 Watt/8 Ohm power rating, the Relentless Epic 800 extends D’Agostino Reference sound quality to a smaller package.

Every major section of the Relentless Epic Mono Amplifiers- power supply, input, driver, and output stages – have all been enhanced in this advancement. A new power management topology further isolates the power supply from the entirety of the audio circuitry providing extra protection from the noise the massive power transformers can generate.

The Relentless Epic and Epic 800 employ an all-new, fully complementary topology based around a precision input stage that maintains an essentially perfect balance between the positive and negative components of the signal. Any distortion artifacts that appear on one half of the signal will also appear on the other half, and thus cancel each other. Gain circuits operate in the current domain, assuring the amplifiers’ performance does not fluctuate regardless of the speaker demand. In the Relentless Epic and Epic 800 amplifiers, new input stage devices deliver a 300% increase in current as compared to the previous devices. These wider bandwidth, higher power components extend low and high frequency performance with reduced distortion in both frequency extremes. Global negative feedback is not employed, nor is it required as the amplifiers’ open-loop linearity eliminates the need for this performance-robbing technique.

Crucial to the new circuit are the bipolar transistors powering the front end of the amplifier. Activating the driver stage is a new bias stability circuit providing a nearly 50% increase in operating bias. Increasing Class A operation directly correlates to better sound quality. With this new circuit topology and the unique Copper/Aluminum heatsinks, thermal issues are irrelevant in the Relentless Epic and Epic 800 amplifiers. The new bias scheme ensures bias consistency, preventing excessive temperatures even under the greatest demand. Additional regulation circuitry prevents any AC power anomalies from upsetting the amplifiers’ input circuitry.

“With the Relentless Mono Amplifier, we focused on creating an amplifier without any limits”, said company co-founder and chief engineer Dan D’Agostino. D’Agostino continued, “The time since its introduction has allowed us to take the Relentless platform to another level. The original Relentless Mono Amplifier incorporates these changes as the Relentless Epic and we simultaneously developed the Relentless Epic 800 Mono amplifier. The Relentless Epic 800 incorporates the same circuit platform as its bigger brother with a lower power output. Mind you, the Relentless Epic 800 is virtually unlimited when it comes to power delivery and is only outdone by the Relentless Epic itself. I have always found that high powered amplifiers make for the most musical playback at low volume levels while having the capability of delivering the most striking dynamic contrasts no matter how demanding the speaker load may be.”

A critical element of any amplifier output topology is the driver section. In the new Relentless Epic and Epic 800 amplifiers, the driver transistor has been upgraded to a new device that handles 33% more power per device. Additionally, the driver transistor count has doubled thus minimizing demand on each individual device and lowering overall amplifier output impedance without resorting to global negative feedback. Individual transistors are used for the positive and negative signal elements in an inter-digitated complementary arrangement. This nearly doubles the current drive necessary to maximize the enhanced output stage that follows.

The output stage features the same new transistor as in the driver section for sonic and technical consistency. Individual complementary pairs undergo our transistor matching protocol to ensure that gain linearity is virtually identical from 50mA to 5A. Additionally, every one of the 112 (Relentless Epic) or 84 (Relentless Epic 800) output transistors used is measured and only devices that match the required performance specifications are included in the production of Relentless Epic and Epic 800 amplifiers. The high-output transistors used in the Relentless Epic and Epic 800 are among the fastest available. These high-powered transistors mount with two stainless steel fasteners—a rarity among flat-package transistors—for maximum thermal transfer to the copper heat sinks. A capacitor/resistor network connected to the base of each transistor guarantees stability even at high frequencies and with low-impedance speakers. As with all D’Agostino models, the Relentless Epic and Epic 800 amplifiers feature discrete, direct-coupled balanced circuitry – the most accurate circuit platform possible.

The Relentless Epic 800 benefits from all the circuit updates employed in the Relentless Epic amplifier but in a smaller package. With its nearly four-kilowatt transformer and 400,000 mF capacitance power supply feeding 84 output devices, the Relentless Epic 800 easily delivers 800 watts into 8 ohms—and when connected to a 220-volt outlet, it doubles its output to 1,600 watts into 4 ohms and 3,200 watts into 2 ohms.

The core of the Relentless Epic Amplifiers’ power supply is a transformer that uses multiple sections running in concert, all potted and encased in a metal shield. This design reduces transformer noise to near zero and protects the audio circuitry from the transformer’s magnetic field. A special holder mechanically grounds each capacitor eliminating vibrations. A slow-start circuit activates the power supply in stages, eliminating concerns about capacitive in-rush tripping household circuit breakers.

D’Agostino’s exclusive Super Rail concept makes maximum use of the incredible resources of this power supply. Super Rail employs higher voltage rails in the sections prior to the output stage, effectively “turbocharging” the amplifier and exploiting the full capability of the output voltage rails—which improves dynamics, lowers distortion, and tightens the amplifiers’ electrical grip on the speaker.

The Relentless Epic and Epic 800 Amplifiers’ unique heat sink combines copper and aluminum in a thermal engine that wicks away heat from the connected devices. The elaborate elliptical design expands on the venturi heat sink first explored in the Momentum series and makes certain that the Relentless Epic amplifiers run safely and reliably even when delivering its full rated power. Thermal, short circuit, and DC protection are included in a non-invasive but comprehensive defense against any external system faults.

The entire chassis of the Relentless Epic and Epic 800 amplifiers are machined from solid aluminum, for superior shielding, thermal stability and vibration damping. High-precision milling allows the entire chassis to fit together solidly with no visible fasteners.

The new Relentless Epic Mono Amplifier uses the same chassis as the original Relentless Amplifier. Every Relentless Amplifier can be upgraded to the Relentless Epic level. All electrical enhancements are included in the upgrade while the original metalwork is retained.

The Relentless Epic Monoblock amplifier will begin shipping in June 2022 at $349,500 USD per pair and upgrades to the original will be $49,500/pr. The Relentless Epic 800 will begin shipping in Q4 of 2022 at $194,500/pr. Standard finishes include silver or black.

Dan D’Agostino Master Audio Systems、Relentlessシリーズに2つの追加製品を発表。

フラッグシップモデルRelentless Mono AmplifierのEpicアップグレードと、新しいRelentless Epic 800 Wattモノアンプを2022年5月19~22日に開催されるHigh End Munich 2022 – The MOC, Room A 3.1, D111で発表予定

ミュンヘン、ドイツ、2022年5月19日 – ダン・ダゴスティーノ・マスターオーディオシステムズは、ハイエンド・ミュンヘンショーでリレントレス・エピックとエピック800モノラルアンプを発表しました。優れたアンプの基準を打ち立ててから4年、Relentless Mono Amplifierは、Epicというアップグレードを遂げました。新しい回路セクションとコンポーネントを組み合わせたRelentless Epic Amplifierは、パワーアンプの性能の基準を塗り替えるものです。Relentless Epic 800は、Relentlessプリアンプと組み合わせたアクティブなシステムで世界初公開されました。新しいEpic回路トポロジーを800ワット/8オームの定格電力に結合したRelentless Epic 800は、D’Agostino Referenceの音質をより小型のパッケージに拡張しています。

パワーサプライ、入力、ドライバー、出力ステージなど、Relentless Epic Mono Amplifiersの主要セクションはすべて、この進歩のために強化されています。新しいパワーマネジメント・トポロジーは、電源部をオーディオ回路全体から分離し、巨大な電源トランスが発生するノイズから電源部を保護する機能を備えています。

Relentless EpicとEpic 800は、信号のプラス成分とマイナス成分のバランスを本質的に完璧に保つ精密入力ステージを中心に、全く新しいフルコンプリメンタリー・トポロジーを採用しています。信号の片側で発生した歪みは、もう片側でも発生し、互いに相殺されます。ゲイン回路は電流領域で動作し、スピーカーの需要に関係なくアンプのパフォーマンスが変動しないことを保証します。Relentless EpicとEpic 800アンプでは、新しい入力段デバイスが従来のデバイスと比較して電流を300%増加させました。これらの広帯域、高出力部品は、低周波と高周波の性能を拡張し、両極端の周波数における歪みを低減します。また、グローバル負帰還は採用されておらず、オープンループの線形性により、このような性能を損なう技術は必要ありません。

この新しい回路で重要なのは、アンプのフロントエンドに搭載されたバイポーラトランジスタです。このドライバー段を駆動するために、バイアス安定化回路を新たに搭載し、動作バイアスを約50%向上させました。A級動作の向上は、音質の向上に直結します。この新しい回路トポロジーと独自の銅/アルミニウム製ヒートシンクにより、Relentless EpicおよびEpic 800アンプでは熱の問題は関係ありません。新しいバイアス方式は、バイアスの一貫性を確保し、最大の需要下でも過度の温度上昇を防止します。追加されたレギュレーション回路は、AC電源の異常がアンプの入力回路を動揺させることを防止します。

「Relentless Mono Amplifierで、我々は限界のないアンプを作ることに集中した “と、会社の共同創設者兼チーフエンジニアであるDan D’Agostinoは言った。D’Agostinoは続けて、”その導入以来、時間は私たちが別のレベルにRelentlessのプラットフォームを取ることができました。オリジナルのRelentlessモノラルアンプは、Relentless Epicとしてこれらの変更を取り入れ、我々は同時にRelentless Epic 800モノラルアンプを開発しました。Relentless Epic 800には、より大きな兄弟機と同じ回路プラットフォームが組み込まれており、出力は低く抑えられています。しかし、Relentless Epic 800の出力は事実上無限であり、Relentless Epicそのものに勝るとも劣らないものです。私は常に、高出力アンプは小音量で最も音楽的な再生を可能にし、スピーカーの負荷がいかに高くても、最も印象的なダイナミックコントラストを提供する能力を持っていると考えています。

どのようなアンプ出力トポロジーにおいても、重要な要素はドライバー・セクションです。新しいRelentless EpicとEpic 800アンプでは、ドライバー・トランジスタが新しいデバイスにアップグレードされ、デバイスあたりの処理能力が33%向上しています。さらに、ドライバー・トランジスタの数は2倍に増え、個々のデバイスへの要求を最小限に抑え、グローバルな負帰還に頼ることなくアンプ全体の出力インピーダンスを低下させました。また、正負の信号素子には個別のトランジスタを使用し、インターデジタルのコンプリメンタリ配置としています。これにより、後に続く出力段の性能を最大限に引き出すために必要な電流駆動を約2倍にしています。

出力段にはドライバー部と同じ新型トランジスタを採用し、音質と技術的な整合性を高めています。個々のコンプリメンタリー・ペアには、50mAから5Aまでゲイン・リニアリティがほぼ同じになるよう、当社のトランジスタ・マッチング・プロトコルが適用されています。さらに、使用される112個(Relentless Epic)または84個(Relentless Epic 800)の出力トランジスタの一つ一つが測定され、必要な性能仕様に適合するデバイスのみがRelentless EpicおよびEpic 800アンプの生産に使用されます。Relentless EpicおよびEpic 800に使用されている高出力トランジスターは、入手可能なものの中で最も高速なものの一つです。これらのハイパワートランジスターは、銅製ヒートシンクへの熱伝達を最大化するため、フラットパッケージトランジスターでは珍しく2つのステンレス製ファスナーでマウントされています。また、各トランジスタのベースに接続されたコンデンサーと抵抗のネットワークが、高周波や低インピーダンススピーカーでの安定性を保証しています。すべてのダゴスティーノモデルと同様に、Relentless EpicおよびEpic 800アンプは、ディスクリート、ダイレクトカップリング・バランス回路、つまり可能な限り最も正確な回路プラットフォームを採用しています。

Relentless Epic 800は、Relentless Epicアンプで採用されたすべての回路更新の恩恵を受けていますが、より小型のパッケージになっています。約4キロワットのトランスと400,000 mFの容量電源を84個の出力デバイスに供給するRelentless Epic 800は、8オームで800ワットの出力を容易に実現し、220ボルトのコンセントに接続すると、4オームで1600ワット、2オームで3200ワットと出力を倍増することができます。

Relentless Epic Amplifiersのパワーサプライの核となるのは、複数のセクションが連動して動作するトランスで、すべてがポッティングされて金属シールドで包まれています。この設計により、トランスのノイズをほぼゼロに抑え、トランスの磁界からオーディオ回路を保護します。また、各コンデンサーを専用ホルダーで機械的にアースし、振動を排除しています。また、スロースタート回路により、電源の起動を段階的に行い、家庭用ブレーカーが落ちるような容量性突入の心配がありません。

ダゴスティーノ独自のスーパーレールコンセプトは、この電源の驚異的なリソースを最大限に活用することができます。スーパーレールは、出力段の前のセクションでより高い電圧レールを採用し、効果的にアンプを “ターボチャージ “と出力電圧レールの能力を最大限に活用し、ダイナミクスを向上させ、低歪み、そしてスピーカーにアンプの電気グリップを強化することができます。

Relentless EpicおよびEpic 800アンプのユニークなヒートシンクは、銅とアルミニウムを組み合わせたサーマルエンジンで、接続されたデバイスの熱を逃がします。この精巧な楕円デザインは、Momentumシリーズで初めて採用されたベンチュリーヒートシンクを発展させたもので、Relentless Epicアンプがフル定格出力時でも安全かつ信頼性の高い動作が可能なように設計されています。熱保護、短絡保護、DC保護は、外部システム障害に対する非侵襲的かつ包括的な防御として搭載されています。

Relentless EpicとEpic 800アンプのシャーシ全体は、優れたシールド、熱安定性、振動減衰を実現するために無垢のアルミニウムから機械加工されています。高精度のフライス加工により、シャーシ全体が、目に見えるファスナーなしでしっかりと組み合わされています。

新しいRelentless Epic Mono Amplifierは、オリジナルのRelentless Amplifierと同じシャーシを使用しています。すべてのRelentlessアンプは、Relentless Epicレベルへのアップグレードが可能です。アップグレードにはすべての電気的強化が含まれ、オリジナルの金属加工は維持されます。

Relentless Epicモノブロック・アンプは2022年6月に出荷開始予定で、価格は349,500米ドル/ペア、オリジナルへのアップグレードは49,500米ドル/ペアとなります。Relentless Epic 800は、2022年第4四半期に194,500円/prで出荷開始予定です。標準的な仕上げは、シルバーまたはブラックです。


Aavik から 880 series 登場!!

海外ニュース速報 [World] 新製品速報

Aavik
880 series

First cooperation with Flemming Rasmussen.
Pure class A amplifiers

ミュンヘンハイエンドショウにてワールドプレミア

WilsonAudio 先日からディザー公開している新製品 LōKē はサブウーハー!!

海外ニュース速報 [World] 新製品速報

WilsonAudio
LōKē
All-in-one, simple setup, and easy-to-manage subwoofer

・Built-in amp
・Wilson Audio’s acclaimed ActivXO® Dual Subwoofer Crossover
・Key parameters as crossover frequency, crossover slope, phase, and level.

Kharma Exquisite rangeにド級の新製品登場予定!!

海外ニュース速報 [World] 新製品速報

Kharma International

Exquisite range になんらかのド級の新製品登場予定
Something BIG coming up in the Exquisite range…

Esoteric から Turntable 登場か?!!東京インターナショナルオーディオショウにて公開

海外ニュース速報 [World] 新製品速報

新興ハイエンドスピーカーブランド DearWolf Audio から 新スピーカー登場!?

海外ニュース速報 [World] 新製品速報

DearWolf Audio
新スピーカー

TW : Diamond 25mm – With custom-made chamber
MID : Custom-made 90mm Ceramic Midrange.
Woofers : Dedicated 3 x 190mm Aluminium-Sandwich
Closed Box
Front : 60mm Aluminum
Time coherent + linear phase resposne

Cabasseから The Pearl Pelegrina: A Flagship(Network speaker series) A Quad-Coaxial Loudspeaker 登場!!

海外ニュース速報 [World] 新製品速報

Cabasse
The Pearl Pelegrina
A Flagship(Network speaker series)
25,000 euros per pair

・A Quad-Coaxial Loudspeaker
・70th anniversary

70周年記念ネットワークスピーカーシリーズのフラグシップモデル

TADから新スピーカー Evolution Two 登場!!

国内ニュース速報 [Japan] 新製品速報

スピーカーシステム
TAD-E2-WN 税込 814,000 円
11月中旬

主な特長
1) ありのままの音を鮮やかに再現する 2.5cmベリリウム振動板トゥイーター
「TAD-E1TX」や「TAD-ME1」に採用している2.5cmベリリウム振動板トゥイーターを搭載。振動板形状をコンピュータ解析して最もふさわしい形状を求める技術「HSDOM※1」により、60kHzまでの再生を可能にしています。また、指向性をコントロールする新開発のウェーブガイドにマウントすることで、広帯域にわたってスムーズで広範な音の伝搬を実現。ウェーブガイドにはアルミダイキャストを採用して高剛性化を図り、不要な共振を徹底的に排除することで、TADならではの洗練された中高域再生を実現しています。

※1 HSDOM:Harmonized Synthetic Diaphragm Optimum Method

2) 力強い低域とスムーズな指向特性を実現する新開発15.5cmウーファー
豊かでクリアな低域と共に、カラレーションのない素直な中低域の再生を実現するため、表面のアラミド織布コーンと裏面の針葉樹パルプ抄紙コーンを別々に成形し、後工程でラミネートした新開発のMACC※215.5cm振動板を採用。また、良好な指向特性を得るために浅型のカーブド形状とし、補強ブレースをコーンネック部に追加したデルタブレース構造を採用することで、スムーズな指向特性と力強い低域再生を両立しています。

※2 MACC:Multi-layered Aramid Composite Cone

3) 音像定位と音場表現を両立するネットワークフィルター
トゥイーターとウーファーのクロスオーバー周波数において、ボトムウーファーとアッパーウーファーの理想的な位相回転を可能にする2.5wayのフィルターを採用。ダブルウーファーとトゥイーターとのクロスオーバー周波数付近における位相干渉を低減しています。また、指向特性に優れたユニットとネットワークフィルターを組み合わせることで、全帯域における自然な減衰特性と指向放射パターンを実現し、コンパクトな音像定位と精緻な音場表現を高い次元で融合します。

4) 自然で豊かな低域を再生する「Bi-Directional ADP※3システム」
エンクロージャーの底部にポートを配置し、開口部を前後へレイアウト。そのポート内部をホーン形状とすることで、ポートノイズを低減した効率のよいポート駆動が可能になり、クリアでレスポンスのよい中低音を実現します。また、ポートを前後の対称レイアウトにすることで、エンクロージャーを振動させる力を打ち消し、豊かで力強い低域の再生を実現しています。

※3 ADP:Aero Dynamic Port

5) 揺るぎない設置が可能な10mm厚鋼板プレート
エンクロージャー下部に、10mm厚の鋼板から削り出したベースプレートを設置。ベースプレートとエンクロージャー本体との間に樹脂製のホーンプレートを挟み込むことで、ベースプレート自体の振動を低減。また、ベースに前2本と後ろ1本、計3本のスパイクを用いることで、床面の材質などに左右されず安定した設置が可能。本体の重心位置を3点支持の最適な位置とする設計によって、強力な駆動力を持つウーファーのリアクションをしっかり受け止めます。

6) 不要共振を低減する「SILENT※4エンクロージャー」
高剛性の樺合板ブレースと高内部損失のMDF材パネルを組み合わせることで、高い強度と低い共振を実現した「SILENTエンクロージャー」を採用。また、バッフル天面エッジ部のラウンドをとることで、トゥイーター周りの回折による影響を低減。さらに、バッフルをスラントさせることで、重心位置を最適化するとともに、それぞれのユニットまでの距離差を小さくすることで、フロア型ダブルウーファーシステムの音場表現をより正確なものにしています。

※4 SILENT:Structurally Inert Laminated Enclosure Technology

7) 落ち着いた中にも華やかさを演出する木目柄サテン調塗装仕上げ
エンクロージャーの外観に、柾目の木目を生かしたオープンポアのサテン調仕上げを採用。透明度の高い品位ある艶消し塗装を施し、下地素地の調整、塗装の吹き付け作業、下地塗装の研磨、艶消しのトップコートに至るまで、熟練の職人が丁寧に時間をかけ仕上げています。

主な仕様
型式 2.5way 位相反転式 フロア型
スピーカー構成 ウーファー 15.5 cm コーン型×2
トゥイーター 2.5 cm ドーム型
再生周波数帯域 30 Hz ~ 60 kHz
クロスオーバー周波数 90 Hz、2.8 kHz
出力音圧レベル 87 dB (2.83 V・1 m)
最大入力 150 W
定格インピーダンス 6 Ω (最小インピーダンス 4.5 Ω)
ユニット極性 低域 (+)、高域 (+)
外形寸法 (W×H×D) 320 mm × 1,085 mm × 405 mm (スパイク未装着)
質量 32 kg
付属品 ショートケーブル ×2 、滑り止めパッド × 4 、コーン型スパイク×3、
スパイク受け×3、転倒防止スパイク ×2、ウーファーグリル ×2
オーナーズマニュアル、保証書

LUMIN製品の価格を改定へ 2021年10月1日より

国内ニュース速報 [Japan]

LUMIN製品の価格を改定へ
2021年10月1日より

海外からの仕入れ価格の上昇のため

LUMIN X1
旧 S 2,200,000 B 2,420,000円
新 S 2,420,000 B 2,662,000円

LUMIN D2
旧 S 423,500 B 465,300円
新 S 467,500 B 511,500円

LUMIN U1 MINI
旧 S 308,000 B 338,800円
新 S 338,800 B 372,900円

« 古い記事