カテゴリー 未分類

Eilex Fono Acusticaが立ちあげる新ブランドAvalos Sound Design が今年のミュンヘンハイエンドショウで発表予定の新スピーカーを公開!!!

未分類

Fono Acusticaが立ち上げる
新ブランド
Avalos Sound Design

今年のミュンヘンハイエンドショウで発表予定の新スピーカー

エンクロージャは特殊な人工大理石の様なもの
ツィーターはダイアモンドでもセラミックでもベリリウムでもない自社開発の世界初の素材を使ったツイーター
内部配線は全てVirtuoso
端子はVrituoso

Roon Labs Roonを2.0以前の動作に戻すことを発表

未分類

Roon Labs

A Message from the Roon Founders
Roon創設者からのメッセージ
として
Enno Vandermeer氏が
Roonのこれからについて発表し

Roonを2.0以前の動作に戻すこと
を発表!!

「買収前、私たちは新しいオーディエンスをターゲットにすることで、Roonのリーチを拡大することに数年を費やしました。 私たちは、小規模な音楽ライブラリを持つ人々や、ゲームやヘッドフォンといった趣味のコミュニティにおけるカジュアルなリスナーのために、製品体験を強化することに力を注ぎました。 このような機能強化は、新しいユーザーを見つけるのに役立ったものの、時として、私たちの最も忠実で長期的なユーザーである音楽コレクターやオーディオ愛好家を失望させるという意図しない結果を招きました。
ハーマンでは、コアユーザーと再びつながることを使命としています。 音楽コレクションの形成に情熱を傾けるキュレーター、高性能オーディオ機器のニュアンスを高く評価するオーディオファン、音楽の知識を広げるためにRoonに依存するジャンルのエキスパートなどです。

・・・・・
2022年、私たちはRoonにインターネット接続の要件を導入しました。 この決定は戦略的な考慮によるものでしたが、この変更がユーザーの皆様に真のご不満を引き起こしたことは認識しており、その理由も理解しています。 本日、私たちはRoonを2.0以前の動作に戻すことを発表します。 これにより、ユーザーの皆様は継続的なインターネット接続の必要なく、再び音楽コレクションをお楽しみいただけます。」
「Roonが揺るぎない製品であり続けるために、パフォーマンスと信頼性を優先し、製品の軽視されがちな部分に注意を払っています。 フォルダー・ブラウジングや、Roonがボックス・セットを扱う方法の強化など、これまで避けてきた長年要望のあった機能を再検討します。 プレイリスト機能の大幅な改善も準備中です(ハレルヤ!)。 来年は、ライブラリー以外のストリーミング・コンテンツではなく、ミュージック・ライブラリーを中心とした機能に注力していきます。

A Message from the Roon Founders
blog.roonlabs.com

LINN KLIMAX SOLO 800 正式発表!!!

未分類

LINN KLIMAX SOLO 800

現地価格:£75,000(約1400万円)

どんな条件下でも、どんなスピーカーでも最適に駆動できる高性能アンプを開発 Drives any loudspeaker without compromise
Adaptive Bias Control
Peerless, fanless heat management
Soft-switching Utopik power supply generates ultra-clean and stable power
Jewel-like Linn roundel communicates status via 100 individual cool-toned LEDs

Adaptive Bias Control
Klimax Solo 800 features our original Adaptive Bias Control technology. With it, we establish the ideal bias current for each of the amp’s sixteen output transistors dynamically and in real-time by measuring, sampling and digitising the current supplied to them.
A digital control loop then implements and persistently adjusts this optimum bias current for each individual transistor specifically; negating crossover distortion at any temperature – regardless of volume or demanding dynamic changes in music – for the entirety of the amp’s life.

アダプティブ・バイアス・コントロール
Klimax Solo 800 は、当社独自のアダプティブ・バイアス・コントロール技術を搭載しています。この技術では、16個の出力トランジスタに供給される電流を測定、サンプリング、デジタル化することで、各トランジスタに理想的なバイアス電流をリアルタイムでダイナミックに設定します。 デジタル・コントロール・ループは、この最適なバイアス電流を個々のトランジスターに特別に実装し、持続的に調整することで、音量の大小や音楽のダイナミックな変化に関係なく、アンプの寿命が尽きるまで、あらゆる温度でクロスオーバー歪みを排除します。

Cool Runnings
Klimax Solo 800 features superb heat management; driving the most difficult of loads without compromising linearity or resorting to an internal fan.
Excellent heat coupling is achieved by mounting the amplifier and power supply circuitry directly to the critically efficient, large surface area heatsinks. This cool-running design is key to delivering exceptional clarity right up to 800W into 4Ω, and 1.2kW into 2Ω.
Temperature is minimised within the amp, ensuring that the properties of its internal components remain consistent during even the loudest and most demanding passages of music. It maintains consistency, efficiency and longevity at all times.

クール・ランニング
Klimax Solo 800 は、リニアリティを損なうことなく、また内蔵ファンに頼ることなく、最も困難な負荷を駆動する優れた熱管理を特徴としています。 優れた熱結合は、アンプと電源回路を非常に効率的で表面積の大きいヒートシンクに直接取り付けることで達成されています。このクール・ランニング・デザインは、4Ωで800W、2Ωで1.2kWまで卓越した明瞭度を実現する鍵となります。 アンプ内の温度は最小限に抑えられ、大音量で最も要求の厳しい音楽でも内部コンポーネントの特性が一定に保たれます。常に一貫性、効率性、長寿命を維持します。

Powered by Utopik
Our all-new, Utopik switch-mode power supply topology for Klimax Solo 800 boasts precision-regulated power rails. It provides the best of both worlds, generating 2kW maximum power output whilst retaining speed, responsiveness and consummate efficiency.
It maintains extremely steady output voltage; the rails perform consistently in the face of dramatic loading changes. What’s more, if the mains input varies, the output won’t – remaining stable and ultra-pure at all times.
With Utopik for Klimax Solo 800, we have progressed a step further to minimise switching noise and improve efficiency by utilising a technique called ‘soft-switching’; a resonant tank circuit ensures that voltage across the switch falls to zero before the switch is thrown. Thanks to soft-switching, Utopik for Klimax Solo 800 is cleaner, more efficient, and remains whisper-quiet over the full range of operating conditions.

ユートピックによる電源供給
Klimax Solo 800用の全く新しいUtopikスイッチモード電源トポロジーは、高精度レギュレーテッド電源レールを誇ります。2kWの最大出力を生み出しながら、スピード、応答性、完全な効率を維持します。 出力電圧は極めて安定しており、負荷が劇的に変化してもレールは安定して動作します。さらに、主電源入力が変化しても出力は変化せず、常に安定した超高純度を維持します。 Utopik for Klimax Solo 800では、スイッチング・ノイズを最小限に抑え、効率を向上させるため、「ソフト・スイッチング」と呼ばれる技術を採用しました。ソフトスイッチングのおかげで、Klimax Solo 800用Utopikはよりクリーンで効率的で、あらゆる動作条件下でささやくような静粛性を保ちます。

LINN 2024年1月29日発表予定 新パワーアンプ!! KLIMAX SOLO 画像 海外のフォーラムに 流出中!!

未分類

LINN
2024年1月29日発表予定

KLIMAX SOLO

以下写真は海外のフォーラムから
https://hifikabin.me.uk/viewtopic.php?t=5188&start=100

LINN からなんらかのビッグな新製品発表へ!!!2024年1月29日

未分類

LINN

We are bringing something BIG to the table…

GOLDMUND から モノラルパワーアンプ TELOS 2800 登場!!!

未分類

GOLDMUND
TELOS 2800

Suggested Retail Price: 115.000 CHF (現地価格で約2000万円)


THE SOUND OF EXCELLENCE
The Telos 2800 delivers a maximum power output of 450 Wrms on 8 Ω with 1% THD, demonstrating its impressive audio prowess. Its distortion level nearly inexistent boasts less than 0.05% IMD (SMPTE) and THD+N, unloaded, from 20 Hz to 20 kHz at 30 Vrms output. The input noise floor is below 3 μV from 20 Hz to 20 kHz.

With a gain of 35 dB and a dynamic range of 110 dB within a 22 kHz measurement bandwidth, the Telos 2800 ensures clarity and depth in audio reproduction. A damping factor of 600 at 1 kHz / 8 Ω highlights the amplifier’s ability to control speaker drivers for precise audio output

HEAR THE DIFFERENCE
At the heart of the Telos 2800 lies a robust 3200 VA toroidal power transformer, now enhanced in size and power to deliver even more power in the same case. This enhancement is complemented by a colossal capacitor bank of 109,600 µF, which has been increased to improve the dynamic and reactivity of the amplifier. This bank includes custom Goldmund branded capacitors, further elevating the quality of the amplifier.

SOUND, REIMAGINED
The Telos 2800 introduces a significant improvement in heat dissipation. A new CNC machined heat sink covers the entire rear panel of the amplifier, allowing more surface area to dissipate the heat generated by the power supply. This new heat-sink design has been used on these amplifiers to ensure optimal thermal management.

The rear panel is elegantly outfitted with an array of analogue and digital inputs, ensuring seamless compatibility with a diverse spectrum of audio sources.

LISTENING REVOLUTION
More than just a product, a testament to our commitment to audio excellence. Experience the pinnacle of sound with the Telos 2800, where every note resonates with clarity and precision.

卓越したサウンド
Telos 2800は、8Ωで450Wrms、1%THDの最大出力を実現し、その素晴らしいオーディオ能力を示しています。その歪みレベルはほとんど存在せず、30 Vrms出力で20 Hzから20 kHzまで、無負荷で0.05%未満のIMD(SMPTE)とTHD+Nを誇ります。入力ノイズフロアは20 Hzから20 kHzまで3 μV以下です。

35 dBのゲイン、22 kHzの測定帯域幅内で110 dBのダイナミック・レンジを持つTelos 2800は、オーディオ再生の明瞭さと奥行きを保証します。1 kHz / 8 Ωで600のダンピング・ファクターは、正確なオーディオ出力のためにスピーカー・ドライバーを制御するアンプの能力を際立たせます。

違いを聴く
Telos 2800の心臓部には、3200VAの堅牢なトロイダル電源トランスが搭載されています。この強化に加え、109,600 µFの巨大なコンデンサー・バンクがアンプのダイナミックさと反応性を向上させるために増設されています。このバンクにはゴールドムンド・ブランドのカスタム・コンデンサーも含まれており、アンプのクオリティをさらに高めています。

サウンドの再構築
Telos 2800では放熱が大幅に改善されています。CNC加工された新しいヒートシンクがアンプのリアパネル全体を覆い、電源から発生する熱をより多くの表面積で放熱します。この新しいヒートシンク・デザインは、最適な熱管理を保証するために、これらのアンプに採用されています。

リアパネルにはアナログとデジタルの入力端子がエレガントに装備され、多様なオーディオ・ソースにシームレスに対応します。

リスニング革命 単なる製品ではなく、卓越したオーディオへのコミットメントの証です。すべての音が明瞭かつ正確に響くTelos 2800で、サウンドの頂点を体験してください。



Sonus Faber 新弩級フラグシップスピーカー Suprema 正式発表!!!!!!

未分類

Sonus Faber 新弩級フラグシップスピーカー
Suprema

Sonus Faber Suprema 2.2
(メインスピーカー2台、サブウーファー2台、アクティブ・クロスオーバー・モジュール)
800,000euro(約1億2500万円)

Sonus Faber Suprema 2.1
(メインスピーカー2台、サブウーファー1台、アクティブ・クロスオーバー・モジュール)
725,000euro(約1億1500万円)

NATURAL MATERIALS COMBINE FOR THE ULTIMATE SONIC EXPERIENCE
Each material was selected for its unique qualities.When combined, they complement and enhance each other’s strengths. Suprema uses carbon fiber for its exceptional resistance, wood for its harmonic qualities, and solid aluminum CNC specifically machined for its static qualities.

INNOVATION IN FULL BLOOM
While the use of natural materials is a hallmark of Sonus faber tradition, the electro-acoustic design has been completely reimagined. The new Camelia midrange, responsible for the most important part of the acoustic spectrum, was developed to ensure maximum resolution, while maintaining the signature Natural Sound of Sonus faber. The form of the new membrane is inspired by the camelia— a prized flower in the region of Tuscany. Its shape is not masked by suspensions and avoids the formation of resonances typical of circular shapes

NEW DUAL DRIVE MAGNETIC SYSTEM
Control and dynamics are secured by the new dual drive magnetic system. The air flow management is held by the organic basket, a Sonus faber original design first implemented on Stradivari woofers.

CORK INTERNAL VOLUME
The special combination of tweeters and midrange are loaded into a unique chamber dedicated to internal volume, designed to enhance the performance of the drivers. Obtained through the use of a computer simulator, the result is a purely organic shape, without regular interior walls and built in a new, natural and sustainable material: cork. Sonus faber can proudly claim to be the first to use recycled cork to create acoustic volume. The acoustic properties of this material play a fundamental role in the resolution and natural quality of the midrange performance.

THE SUPREMA SUBWOOFER
For the best reproduction of infrasonic frequencies, a separate subwoofer system has been engineered to optimize the low range response based on the listening environment, regardless of the position of the main columns. The Suprema Subwoofer uses two powerful 38cm transducers, featuring forged carbon fiber membranes and a neodymium magnet motor system to ensure undistorted pressures up to 16hz.

THE CROSSOVER NETWORKS
These cutting-edge filters, sleekly visible on the sides of the main column, embody a decade of electroacoustic expertise. Sonus faber meticulously crafted Suprema’s tonal perfection through simulations, tests, and listening sessions, ensuring impeccable soundstage performance. The Suprema’s integration with subwoofers is managed by a dual mono, fully balanced electronic crossover. Suprema’s ground coupling control, in collaboration with IsoAcoustics, achieves exceptional dynamics and power while preventing unwanted vibrations.

POLTRONA FRAU LEATHER
In keeping with our brand’s tradition, the front panel is adorned with luxurious leather, a collaboration with the esteemed Italian luxury forniture brand, Poltrona Frau. Each set of Suprema speakers will showcase distinctive Poltrona Frau’s Pelle Frau® Impact Less leather, a chromium-free tanning process leather launched in 2022.

究極のサウンド体験のための天然素材の組み合わせ
それぞれの素材は、そのユニークな特質から選ばれました。組み合わせることで、互いの長所を補い、高め合います。Supremaは、その卓越した耐性のためにカーボンファイバーを、その調和的な資質のために木材を、その静的な資質のために特別にCNC加工されたソリッドアルミニウムを使用しています。

満開のイノベーション
天然素材の使用はソナス・ファベールの伝統の特徴ですが、エレクトロ・アコースティックのデザインは完全に再構築されています。音響スペクトルの最も重要な部分を担う新しいカメリア・ミッドレンジは、ソナス・ファベールの特徴であるナチュラル・サウンドを維持しながら、最大限の解像度を確保するために開発されました。新しい膜のフォルムは、トスカーナ地方で珍重される花、カメリアにインスパイアされています。その形状はサスペンションによって覆い隠されることがなく、円形にありがちな共振の発生を回避します。

新デュアル・ドライブ・マグネット・システム
コントロールとダイナミクスは、新しいデュアル・ドライブ・マグネット・システムによって確保されている。空気の流れを管理するのは、ストラディヴァリ・ウーファーで初めて採用されたソナス・ファベール独自の設計であるオーガニック・バスケットです。

コルク製内部容積
トゥイーターとミッドレンジの特別な組み合わせは、ドライバーの性能を高めるために設計された内部容積専用のユニークなチャンバーに装填されています。コンピューター・シミュレーターを使用することで、内壁のない純粋に有機的な形状を実現し、持続可能な新素材であるコルクを使用しています。ソナス・ファベールは、再生コルクを使用して音響容積を作り出した最初のメーカーであると自負しています。この素材の音響特性は、ミッドレンジ・パフォーマンスの解像度と自然な品質に基本的な役割を果たしています。

suprema サブウーファー
低周波を最高の状態で再生するために、独立したサブウーファーシステムが設計されており、メインカラムの位置に関係なく、リスニング環境に応じて低域のレスポンスを最適化します。Supremaサブウーファーは、鍛造カーボンファイバーメンブレンとネオジウムマグネットモーターシステムを採用したパワフルな38cmトランスデューサーを2基搭載し、16hzまでの歪みのない音圧を保証します。

クロスオーバー・ネットワーク
メイン・コラムの側面にスマートに配置された最先端のフィルターは、10年にわたる電気音響の専門知識を具現化したものです。ソナス・ファベールは、シミュレーション、テスト、リスニング・セッションを通じてSupremaの音色の完成度を丹念に作り上げ、非の打ちどころのないサウンドステージを実現しました。Supremaとサブウーファーの統合は、デュアル・モノのフルバランス電子クロスオーバーによって管理されています。IsoAcoustics社とのコラボレーションによるSupremaのグランド・カップリング・コントロールは、不要な振動を防ぎつつ、卓越したダイナミクスとパワーを実現します。

ポルトローナ・フラウ・レザー
イタリアの高級家具ブランドPoltrona Frau(ポルトローナ・フラウ)とのコラボレーションにより、Supremaブランドの伝統に則り、フロントパネルは高級レザーで飾られています。Supremaスピーカーの各セットには、2022年に発売されたクロムフリーのなめし革である、ポルトローナ・フラウのPelle Frau® Impact Lessレザーが採用されています。

System
MAIN COLUMN

SYSTEM

4.5 way sealed box

SUBWOOFER

Sealed box loading, passive subwoofer

CROSSOVER

Full Discrete –Pure Analog Stereo/Mono active Crossover

Loudspeakers
MAIN COLUMN

SUPER TWEETER: 20mm silk dome with dedicated waveguide, neodymium magnet

TWEETER: 38mm silk dome with dedicated waveguide, neodymium magnet

MIDRANGE: 6.5” dual driver motor system with neodymium ring magnet,

LINK MIDWOOFER: 8” neodymium slug magnet, Ø 65mm voice coil, sandwich paper cone

WOOFERS: 4 x 8” dual driver motor system with neodymium ring magnet, Ø 50mm voice coil, sandwich paper cone

BACK EMISSION TW: 28mm silk dome, neodymium magnet

BACK EMISSION MD: 4” paper cone driver, neodymium magnet

SUBWOOFER

2 x 38 cm carbon fiber sandwich cone

Crossover
MAIN COLUMN

Front emission: 360, 430, 1700, 6700 Hz

Back emission: 500, 2300 Hz

Frequency response
MAIN COLUMN

Front emission: 45Hz –40KHz

Back emission: 500Hz –20KHz

SUBWOOFER

16 to 30/80 Hz -variable based on the setting of the electronic crossover

CROSSOVER

MAIN: 25Hz-150KHz

PROC: 5Hz-150KHz

Sensitivity
MAIN COLUMN

91dB 1m/2.83V

SUBWOOFER

92dB 1m/2.83V

Nominal impedance
MAIN COLUMN

4 Ohm

SUBWOOFER

4 Ohm

Audio input
CROSSOVER

INPUT CHANNELS: 2 Unbalanced –2 Balanced

OUTPUT CHANNELS: 8 Unbalanced –8 Balanced

OUTPUT DRIVING CAPABILITY: Unbalanced: 6 V rms (+15,5 dBv) @ 490 Ω / Balanced: 11 V rms (+20 dBv) @ 980 Ω

Recommended amplifier power
MAIN COLUMN

100 W –700 W

SUBWOOFER

500 W –2000 W

Product dimensions (HxWxD)
MAIN COLUMN

1905mm x 650mm x 880mm

75” x 25.6” x 65” in

Mains Input Voltage
CROSSOVER

115V (60 Hz) or 230V (50 Hz), factory-set.

Input impedance
CROSSOVER

Unbalanced: 20 kΩ

Balanced: 10 kΩ


Vivid Audio 2024年にGIYA・KAYAとは「全く異なる驚異的」 新スピーカーを発表予定。

未分類

Vivid Audio 2024年にGIYA・KAYAとは「全く異なる驚異的」 新スピーカーを発表予定。

どうらや発表は近日中との話!! 

GIYA・KAYAの全モデルはそのまま現行として残る予定
*個人的には、GIYAの上位モデルの弩級フラグシップではないかと思います。

McIntosh 75周年記念モデルを発表!!!! 全5モデル MC2.1KW Monoblock Power Amplifier 75th Anniversary Edition MC1.25KW Monoblock Power Amplifier 75th Anniversary Edition C12000 Solid State and Vacuum Tube Preamplifier 75th Anniversary Edition MA12000 Integrated Amplifier 75th Anniversary Edition MCD12000 SACD/CD Player 75th Anniversary Edition

未分類

McIntosh 75周年記念モデル
全5モデル

MC2.1KW Monoblock Power Amplifier 75th Anniversary Edition MC1.25KW Monoblock Power Amplifier 75th Anniversary Edition
C12000 Solid State and Vacuum Tube Preamplifier 75th Anniversary Edition
MA12000 Integrated Amplifier 75th Anniversary Edition
MCD12000 SACD/CD Player 75th Anniversary Edition

Sonusfaber 新弩級フラグシップ Suprema いよいよデビュー!!

未分類

Sonusfaber
新弩級フラグシップ
Suprema

いよいよ発表へ!!
価格は1億円を超えます

« 古い記事